大切にしていたもの、執着していたもの、すべてなくなるとエゴもなくなる!

<第2178回> 2013年07月19日 発行

  「ニュー・アース」 意識が変わる 世界が変わる

 この本には、自分が大切にしていたもの、自分が執着していたものが、すべてなくなると、エゴもなくなる!と説明しています。

 覚醒するには、エゴの牢獄から脱出して自由になることが目的ですから、その点では望ましいことですが、これでは厳しい極論になってしまいます。

 自分が大切にしているものがすべてなくなったら、それは人命とかになると厳しすぎます。
 
『 U理論 』を提唱しているオット・シャーマー氏は、自宅が火事で全焼した経験から、古来からの東洋の哲学に真実を感じて、この理論を発見したのです。

 オットー・シャーマー氏は、世界的に有名な学者でありながら、西洋の科学に、東洋の仏教や老子の道教の思想を融合して、このU理論を発見しました。

 『U理論』とは、「レクイエム・シナリオ」、すなわち自然環境や生態系の破壊等とも密接に絡んだ全人類的な危機をいかに脱却するか!!

 今、人類が直面する最大の危機=地球崩壊へ向かう「レクイエム・シナリオ」は、手遅れになっているかも知れないのですが・・・。

 この全人類的な危機を乗り越えるために『U理論』を推奨しているのです。

 「ニュー・アース」の本も同じ観点から出版されています。 

 これらは、能望の実践や『幸せの和』そしてスパイラルなどのツールとも通じるものがあり、その内容も同じ概念であることがわかります。

 『U理論』も意識の深い部分にアクセスする実践なのですが、今まで持っている常識や固定観念を手放し、感謝を深めて、純粋な愛に至ることが目的になります。

 Uの底が、意識の深い部分になり、心の奥底に至れば、有り得ない奇跡が起きるのです。

 そして、U理論での心の底に至る証は、幸福感になり、シンクロ現象が頻繁に起きるのです。

 さて、このU理論の作者であるオット・シャーマー氏は、16歳のとき自宅の農場が火事で全焼し、燃え落ちる自宅を観ながら、過去の自己が消滅して、もうひとりの自己と置き換わる体験をした、と本にはあります。

 その経過は・・・・。 

 「 オットー家が200年前から住んでいる家、僕が人生のすべてを過ごしてきた家がなくなっていたんだ。跡形もなく。

 ただ、建物の残骸がくすぶり続けていた。なんとか目の前の現実が飲み込めると、足元が崩れ去る感じがした。

 僕が生まれ育ち、青春を過ごした場所がなくなってしまった。僕の持ち物が跡形もなく消えてしまったのだ。

 火事で焼かれていたものに、どれだけ愛着を持っていたかが分かった。これまで、愛着を持っていたものが何もかもなくなってしまったのだ。

 いや、違う。何もかにもなくなったわけじゃない。自分はそこにいて、その光景を見ていた。

 僕は見る側だった。すると突然、気づいたんだ。まったく違う次元の自分、今まで気づかなかった自分に。過去とは無関係の次元の自分、消え去った世界とは無関係な次元の自分に。

 その瞬間、時間が完全に止まった。そして、僕は肉体から離れて上のほうに引っ張られ、全体の光景をそこから眺めたんだ。

 意識が広がり、これ以上ないほど明晰になった。自分がこれまで考えていたような人間でないことを悟った。

 本当の自分は、焼け跡でくすぶっている夥(おびただ)しいモノとは繋がっているわけではない。

 突如として悟ったんだ。「本当の自分」はそれでも生きている。今まで以上に生気がやどり、明晰になり、今という瞬間に存在していた。

 そのときはっきりとわかった。

 長年愛着を感じていたものは、自分では気づいていなかったが、じつは、重荷になっていたのだと。

 何もかも、失くしたその瞬間、突如として解き放たれ、別の自分にで出会える気がした。

 その自分が未来に---僕の未来につれて行ってくれた。」

 「本当の自分」はエゴがいなくなったときに出現するのです。

 このような現象は現代の科学では考えられないことで、オット・シャーマー氏は大学の教授ですから、それこそ、科学的に冷静に分析しないと、学界から追放されてしまいます。

「ニュー・アース」のエックハルト・トール氏は大学院で学んでおりますから、現代科学に精通していることになります。

 彼らは、ドイツ生まれのドイツ人です。
ドイツ人というと、「弓と禅」の作者も、ドイツの大学教授でした。

 ドイツ人は、真実とわかると素直に受け入れる実直さがあるようです。

 ところで、彼らは真実にたどり着くまでに、それこそ命がけの経験や葛藤を繰り返してきたのです。

 けれども、能望の実践も、『幸せの和』も、今までの体験からも誰もが簡単に奇跡が起きているのです。

 虚空蔵=大日如来でもありますから、能望を唱えることが、空海が虚空蔵求聞持法を唱えながら山谷を彷徨った体験の残響が、私達にもよみがえるのです。

 自ら声に出して唱えた神の聖なる言葉に、あらゆる自然が感応するように、「本来の自分」も感応し、よみがえるのです。

 大日如来は、光り輝き闇を照らす太陽の如くという意味なのですが、すべてを許し、すべてを清めて、純粋な源に至り、愛と喜びの境地へ、平和で至福の境地に至るのです。

 そして、マンダラは、自分自身が本来持っている「限りない無限のパワー」に至る「仏心(ぶっしん)」=「本来の自分」を「今このとき」に呼び起こすツールでもあります。

 『幸せの和』は、マンダラの中央の大日如来の象徴であり、「本来の自分」でもあるのです。

 ですから、『幸せの和』は、「本来の自分」を思い出すために与えられたものなのです。

 そして、根源のエネルギーを引き出し同調しているから、シンクロが起きて、あり得ない奇跡が起きているのです。

 
  ○熱烈な有志の方達が私のために作ってくれたHPです。
===============

  http://noubou-online.main.jp/wp/

===============

 まだ、まだ 荒削りで、商品も以前のようにはありませんが私も文章を書いたり、協力して充実していくつもりでおります。

 皆様が売りたいと思っている色々な商品を販売できるコーナーも作りたい!と、今後の展望を語っておりますので、そのようなものがあれば、私のところにメールを下さい。

 もう一つのHPも製作中で、これは、ヤフーとか楽天などにも売り込む本格的なショップのHPとのことですが、8月に予定しているようです。

 私は、このような作業には疎いので、偉そうなことは言えませんが、予定通り、首尾良く薦めるということは、大変なことだと思います。

 いずれにしても、19日に1つでも再開できたということは、命数の「六徳」にも関連しています。
 
 六波羅蜜という悟りに到達すべき六種の修行の徳目もありますから、この業界では「悟り」が流れになりますね。

 命数の「六徳」の前には・・・・。

 ・瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)があります。

 これらは、明らかに時間の単位なので、これらの命数を意識するだけで、今の一瞬に限りなく近づくことができるのです。

 多くの人は、過去の記憶に囚われて、未来の不安に怯えて今の瞬間には生きてはいないのです。

 宇宙には、今のこの瞬間しかないのですから、私達は本当の世界には生きてはいないことになります。

 このことを、お釈迦様は知っていて、八正道の中に「正念」という教えを残されました。
 
 「正念」とは正しく念じると解釈されていますが、正しく今の心に気づきなさい!と、解釈もできます。

 マインドフルネスとは、過去や未来ではなく、現在のこの瞬間瞬間に心をとどめることに努めなさいという仏教の教えでもあります。

・瞬息(しゅんそく)⇒弾指(だんし )⇒刹那(せつな)のこれらの命数は、瞬間に生きるためのツールとして意図的に創られたものです。

 これらの命数で、意識を今の瞬間にしてから、六徳⇒虚空・・・と降龍を実践すれば、より効果が期待でするのです。

 「瞬息」が素粒子の大きさで、「弾指」はその10分の1、「刹那」もその10分の1ですから、はるかに時間を超越しています。

 素粒子よりも小さく、これらの言葉の意味からも、命数の作者の並々ならぬ意図が感じられるのです。

 このことを知り得たということは、私達が、東洋の漢字文化圏に生きている特権だと思います。

  そして、今の瞬間は成功や幸せの鍵になるのですから、多くの人に知ってもらうべきです。

 『 U理論 』も、ニュー・アース」の本も、仏教の教えに基づいておりますから、今の瞬間に生きることを最重要視しております。

 フロー体験も、ゾーンも、100%のシンクロも、今の瞬間の領域になります。

 今の瞬間、瞬間に自分の心を開けば、それは神のプレゼントですから、必要なものは必要な瞬間に全てが与えられると言われています。

 今の瞬間にはエゴの支配がなくなるので、いつも幸せでいることができて、悩み・不安・苦しみ・トラブルも消えてなくなるのです。
 
 その反対に、苦しみの度合いは、自分がどれだけ、今、この瞬間に生きていないか!、つまり、過去や未来に生きている度合いに比例するということになります。

 多くの人は、過去の記憶に囚われて、未来の不安に怯えて今の瞬間には生きていないのですから、エゴの牢獄や苦しみから救ってあげるべきです。

 心からこの[今に生きる」を実行している人達が、本来の自分とつながっているので、天才といわれている人達なのです。
 
 ありがとうございました。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事