その奇跡に至るのが内観の四則であり、スワイショウなのです。

< 第 2219回 > 2013年10月09日 発行

 スワイショウ=腕振り運動は、達磨大師(だるまたいし)の考案ということですが、彼は、60歳の時に、中国に渡り、禅宗を伝えたそうです。

 達磨大師は、約1500年前にインドで生まれ150歳まで長生きしたと言われていますから、60歳から90年も長生きしたことになります。

 10月の5日が達磨大師の命日ということですが、色々と書きたいことがあるのですが、時間が経つと忘れそうなので、今回書きます。

 達磨大師で連想するのは、白隠禅師です。
 
白隠禅師の画題の中でも、ひときわ多く残されているのが達磨大師の像です。

 ギョロリと大きな目玉の達磨大師を大胆で力強い筆づかいで描いた迫力満点の禅画が印象的で・・・。

 私は、空海と白隠さんの80歳過ぎてからの迫力ある肉筆の文字に魅かれて、毛筆に一層の興味を持ちました。

 毛筆で書く時は、常に白隠さんのような墨氣を出すことを意識しております。

 ビートルズのジョン・レノンさんが、白隠さんの絵画を自宅に飾っていたそうで、白隠さんの「南無地獄大菩薩」という境地に共感して、イマジンという曲を作ったそうです。
 
 話はそれましたが、ここで、白隠さんと達磨大師との関連をスワイショウの実践から、明らかになってきたことを書きます。

 まず、白隠さんの内観法は、不老不死の術「内観の法」と呼ばれています。

 ・我が この気海丹田 腰脚足心 すべてにこれ我が本来の面目、面目何の鼻孔かある
 
 これは、内観の四則の最初の文章ですが・・・・。

・我が この気海丹田 腰脚足心 すべてにこれ我が本来の面目、面目何の鼻孔かある。

 (わがこのきかいたんでん ようきゃくそくしん、すべてにこれわがほんらいのめんぼく。めんぼくなんのびこうかある)

 と、読みます。

 この中に「気海丹田 腰脚足心」(きかいたんでんようきゃくそくしん)があります。

 この意味は、私の気海丹田、腰、脚、土踏まずは、本来の自己の姿であり。その本来の自分に、どんな鼻の孔がついているというのか。鼻の孔がなくとも本来の元気はどこからでも通ってくる。

 というような意味になるのですが、気海丹田、腰、脚、土踏まずに本来の自己が宿っていて、ここが本来の自己そのものなのだ!ということなのです。

 気海丹田とは、臍下丹田のことで、ここには氣のエネルギーが海のように充満しているので気海と読んでいるのです。

 腰、脚、足心とは、腰、脚、土踏まずのことですから、腰から脚のすべて、下半身のすべてになります。

 この「気海丹田 腰脚足心」という言葉が、スワイショウの実践をしていて、この部分にエネルギーが集まるので、実感できるのです。

 特に、腰の仙骨には、とんでもなく熱いエネルギーが集まり、脚から足心までしびれてきますから、この言葉が、迫ってくるのです。

 仙骨に熱をおびて高速のバイブレーションになると、延髄のあたりも振動して、松果体から光が出てきます。

 松果体からは、奇跡のホルモンや幸せのホルモンが出てきますから至福感に満たされます。

 気海丹田は、白隠さんで、腰脚足心は、達磨大師で、これで、2人の聖人が一致したことになります。

 これまでは、気海丹田にばかり重きを置いておりましたが、腰脚足心にも本来の自己が宿っているのですよ!と、達磨大師に教えてもらっているような気もしています。

 ・丹田呼吸、内観の四則、軟その法などを実践すると、難病も治り健康長寿が実現され、70歳になっても20代~30代の若さと元気を保てるのです。

 そして、腰の部分には、仙骨がありさらに詳しく書くと・・・。

 仙骨は回転するコマのように高速回転でバイブレーションをしている骨でもあり、このバイブレーションのスピードが高速で安定すればするほど、その人のエネルギーも高められ、健康体になったり運気が上がったりするのです。

 逆に仙骨のバイブレーションが下がれば病気や老化現象が起こったり運気も悪くなります。

 仙骨のバイブレーションが停止したときが死ということです。

 チベットにおいては、心臓停止や脳死ではなく、仙骨のバイブレーションが停止した瞬間を死と考えているそうです。

 修行を積んだ僧が仙骨に触れると、バイブレーションが止まった時が分かるということで、仙骨のバイブレーションの停止をもって死と判断し、死者を弔う儀式を行うのというのです。

 いずれも仙骨が人間の生命活動の要となっていることを示すものです。

 人間は両手両足を切断しても、頭蓋骨を半分取っても、大脳がなくても生きているが、仙骨を取られてしまうと、すぐに死んでしまうそうです。

 以上の例からも、・生命活動を維持しているのは仙骨のバイブレーションである!と断言できるので、この振動の維持をしていると、あらゆる難病が治り、30歳も若返り、運気も向上するというのですから、ここでも、共通しています。 

 気海丹田は、白隠さんで、腰脚足心は、達磨大師で、これで、2人の聖人のエネルギーを一体化すれば、あらゆる面で良くなって行くという暗示だと思います。

 私は、毎日1時間以上のスワイショウを始めてからは、想像以上に氣のエネルギーは高まり、それに伴い運気も明らかに良くなり、運勢というか運命も変わっているように思います。

 スワイショウの実践で、仙骨の高速回転でのバイブレーションにも寄与し、自分自身のバイブレーションも高まり、運気が高まっているから奇跡の現象が起きているのです。

 この1年間を振り返っても、自分自身のバイブレーションが高まらなかったら、絶対に起きようのない、本当にあり得ない奇跡の現象が起きているのです。

 スワイショウの当面の効果としては気力が充実し、体内の氣が活性化されて若返り、病気が治ったり、記憶力が良くなるなどの効果があります。しかし、それらは些細なことなのです。

 本当の奇跡は、本来の自分に至ることなのです。

その奇跡に至るのが内観の四則であり、スワイショウなのです。

  内観の四則です。
=============

・我が此の気海丹田、腰脚、足心、総てに是れ我が本来の面目。面目なんの鼻孔かある。
 
  私の気海丹田、腰、脚、土踏まずは、自己本来の姿である。その本来の姿に、どんな鼻の孔がついているというのか。 鼻の孔がなくとも本来の元気はどこからでも通ってくる。

・ 我が此の気海丹田、腰脚、足心、総てに是れ我が本分の家郷。 家郷なんの消息かある。
 
私の気海丹田、腰、脚、土踏まずは、自分の生命の住むべき故郷である。故郷なら、わざわざ消息をきかなくていい。

・我が此の気海丹田、腰脚、足心、総てに是れ我が唯心の浄土。 浄土何の荘厳かある。
 
 私のこの気海丹田、腰、脚、土踏まずは、自分の心にある浄土である。何を今さら荘厳に飾り立てる必要があるだろうか。

・我が此の気海丹田、腰脚、足心、総てに是れ我が己心の弥陀。弥陀何の法をか説く。
 
私の気海丹田、腰、脚、土踏まずは、自分の本当の姿、阿弥陀仏である。この阿弥陀仏はどのような法を説くのであろうか。
     
============
 
 ありがとうございました。

=============

・ 奇跡の「会員制ビジネス」の特徴

============

○一人の紹介者を出さなくても収入が発生する!

○会社のプログラムが、上から順番に組織を構築してくれる!
 
○インターネットで展開できる!

○会社のオーナーが、友人なので、誹謗中傷や虚偽の密告が  あっても、嘘か真実なのかはすぐに分かり、通用しない!

○会員になると、リピートする事が収入につながるので、誰もが先を争って喜んでリピートするようになる!

○毎月の費用がかかっても、一人の紹介者を出さなくても確実に収入が発生するプログラムなので、短期間に回収が出来るので負担にならなくなる!

○これは、みんなが求めている誰もが収入に結びつくビジネスですから拡大しやすく、活動する人は高い確率で成功できる!

==========

「会員制ビジネス」は、インターネットで展開します。
 
 こんな、奇跡のような、絶対に有り得ないビジネスがあると 信じる人は、資料の請求をしてください。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事