この潜在意識の発見が20世紀の最大の発見の一つと言われております。

<第2262回> 2013年12月17日 発行

 最近は、スワイショウに多くの時間が取れるので、スワイショウで「動禅」を実践しています。

 達磨大師の境地は、白隠禅師の境地は、と、「無」に入ろうと無の振りを実践しているのですが・・・。

 これもすべてはエゴの罠(わな)かも知れないと思うと、達磨大師や白隠禅師の先哲の苦労と教えには、頭が下がります。

 エゴの逆らっても勝ち目はありませんから、止めどもなく浮いてくる「思考」を傍観するようにします。

 仏教では雑念や思考のことを滝の流れに例えますが・・。

 滝の流れも、一粒、一粒の水滴の集まりですから、その滝の流れを傍観していると一粒、一粒の水滴が見えてきます。

 エゴは、現象が起きている本質を見破られたら、つまり、自分の意識が、現象のその先に進んでしまったら、黙ってしまうのです。
 
 ですから、思考のない無の空間や、無音の空間に意識を合わせるようにするのです。

 時間についても、時間が流れていない空間に一瞬でも入れるように向けるのです。

 禅の教えの「趙州無字」や「白隠隻手音声」の公案が役に立ちます。
 
 これは、どんなことをしても、何とかしても、という強引な意図でなく、自然な感覚で意識を向けるのです。

 そのような、自然体でスワイショウを実践しているとエネルギーの流れが強くなります。

 自分の思考が止まり、何も考えず、何も意図しない、つまり、エゴのマナ識から自由になると、自分を介して、自分の中心からエネルギーが流れてくるのです。

 仙骨の高速回転もあり、松果体の振動もあり、熱のエネルギーと光りのエネルギーが一気に、自分を介してあふれ出る!という感覚になります。

『命の源流』から無限にエネルギーが流れてきます。

 自分が、無くなれば、無くなるほど、エネルギーが大きくなるのです。

 つまり、エゴの欲が、無くなれば、無くなるほど、日ごろから望んでいるものが現実化するのです。

  ・幸せを求めれば求めるほど幸せから遠ざかる!

  ・利潤を求めれば求めるほど利潤から遠ざかる!

 という、言葉があります。

 特に、禅の境地は、物を手に入れるという日常的な意識で取り組むと、その境地から遠ざかり、失敗します。

 求めるという事は、今ここに、それが無い事を意味していて自分を介してあふれ出る生命の躍動のエネルギーを否定していることになり、本当の自分を冒涜していることになります。

 ですから、求めれば求めるほど遠ざかるのです。

 それでは、どうすればいいのか、それは、本当の自分に気づき、無限のエネルギーを認識することなのです。

 ○本当の自分に気づく例

/////////

U理論の作者であるオット・シャーマー氏は、16歳のとき自宅の農場が火事で全焼し、燃え落ちる自宅を観ながら、過去の自己が消滅して、もうひとりの自己と置き換わる体験をした、と本にはあります。

 その経過は・・・・。 

「オットー家が200年前から住んでいる家、僕が人生のすべてを過ごしてきた家がなくなっていたんだ。跡形もなく。

 ただ、建物の残骸がくすぶり続けていた。なんとか目の前の現実が飲み込めると、足元が崩れ去る感じがした。

 僕が生まれ育ち、青春を過ごした場所がなくなってしまった。僕の持ち物が跡形もなく消えてしまったのだ。

 火事で焼かれていたものに、どれだけ愛着を持っていたかが分かった。これまで、愛着を持っていたものが何もかもなくなってしまったのだ。

 いや、違う。何もかにもなくなったわけじゃない。自分はそこにいて、その光景を見ていた。

 僕は見る側だった。すると突然、気づいたんだ。まったく違う次元の自分、今まで気づかなかった自分に。過去とは無関係の次元の自分、消え去った世界とは無関係な次元の自分に。

 その瞬間、時間が完全に止まった。そして、僕は肉体から離れて上のほうに引っ張られ、全体の光景をそこから眺めたんだ。

 意識が広がり、これ以上ないほど明晰になった。自分がこれまで考えていたような人間でないことを悟った。

 本当の自分は、焼け跡でくすぶっている夥(おびただ)しいモノとは繋がっているわけではない。

 突如として悟ったんだ。「本当の自分」はそれでも生きている。今まで以上に生気がやどり、明晰になり、今という瞬間に存在していた。

 そのときはっきりとわかった。

 長年愛着を感じていたものは、自分では気づいていなかったが、じつは、重荷になっていたのだと。

 何もかも、失くしたその瞬間、突如として解き放たれ、別の自分に出会える気がした。

 その自分が未来に---僕の未来につれて行ってくれた。」  

//////////
 
 「ニュー・アース」のエックハルト・トール氏は、「本当の自分」は、エゴがいなくなったときに出現する!と、彼の本に書いております。

 ○無限のエネルギーを認識する例

//////////

 あなたはエゴではない。だから、あなたの中のエゴに気づいたからといって、自分を知ったということではない。自分は何者ではないかがわかっただけだ。

 だが、何者ではないかを知れば、本当の自分自身を知るうえでの最大の障害が取り除かれる。

 誰もあなたが何者かを教えてくれはしない。誰かが教えてくれるのは概念にすぎないから、あなたを変える力はない。

 本当の自分自身には信念も必要ない。それどころか、信念はどれも障害になる。認識すら必要ではない。なぜなら、あなたはすでにあなたなのだから。

 だが認識しなければ、本当のあなたが世界に向かって輝き出すことはなく、埋もれたままになる。もちろんその埋もれた場所が本当のあなたのありかだ。

 貧しく見える人が実は1億ドルの預金をもっていることを知らず、せっかくの財産が活用されないのと同じだ。

「ニュー・アース(A NEW EARTH)」エクハルト・トール著 

//////////
 
 だが認識しなければ、本当のあなたが世界に向かって輝き出すことはなく、埋もれたままになる。

 貧しく見える人が実は1億ドルの預金をもっていることを知らず、せっかくの財産が活用されないのと同じだ。

 1億ドルの預金とは、100億円の預金になります。100億円の預金があれば、はじめから失敗するとわかっているエゴの欲を自分を介して求めることはありません。

 エゴの欲を自分を介して、求めれば求めるほど遠ざかるのです。ですから、本当の自分を認識して「本当の自分」が、自分を介して世界に向かって輝き出すことを確信するのです。

 そうすると、自分だと思っている自分は?

 本当の自分とは一体どれなのだ?、という問題意識を持って自分の真相の探求を真剣に取り組んでください。

 自分の行動の決定は、自分が自分だと思っているものが決めるのではなく、自分の内部の無意識部分が決めるんだ、ということを発見したのがフロイトで、この潜在意識の発見が20世紀の最大の発見の一つと言われております。

 東洋では、2500年も前にそのことに気づいて「本当の自分」で生きることが、幸せにいきることです。と、教えを説いているのです。
 
 ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事