マンダラは宇宙観を感得するための助けとなるイメージの増幅器のようなものである。

< 第 2271 回 > 2014年 01月 07日 発行

 あけましておめでとうございます。

 年賀状やたくさんのメールを頂きありがとうございました。

 この場を借りてお礼をさせていただきます。

 本年も宜しくお願い申し上げます。

 
 さて、仏教に無明(むみょう)という言葉があります。無明とは、人間が根本的に持っている無知のことです。

 人生における人間の苦しみは、すべてこの「無明」から始まることをお釈迦様が発見しました。

 お釈迦様は、私たちは「無明」であり「無知」なのだと語られます。さらに、お釈迦様は、真実を認めないことが「無明・無知」だと説かれています。

 「無明」の対極にある言葉が「光明」です。私達の本質は、智慧という光の存在であり、真実の「本当の自分」を知ることが「光明」になります。

 「本当の自分」が存在する真実を知らない、あるいは認めないことで、私達は「無明」の世界で苦しんでいるのです。

 人間は、あまりにも長く無明の暗闇の中にいるので、光というものがあることさえ知らないのです。

 この正月休みは光を内観していたので、一人でも多くの人が光に気づいてもらうことを考えておりました。

 本質や真理に至るための図とも言われているマンダラがあります。

 ・ユング心理学とマンダラ

 ユング心理学の重要なキーワードに「マンダラ」(Mandala)という言葉がある。マンダラは、元々インドのサンスクリット語で「Manda」という本質を意味する言葉に「得る」という意味の接尾語が着いた仏教の儀式などに使用される図絵のことである。

 したがってマンダラは、本質や真理に至るための図ということに解される。

 マンダラは、単なる装飾的な図絵ではない。それは仏教の宇宙観を感得するための助けとなるイメージの増幅器のようなものである。

 この魔法の絵とも呼ばれる東洋の「マンダラ」にヨーロッパの心理学者ユングが注目した理由は、臨床の現場で、患者が治療の過程で描く、マンダラ的な絵に何度も遭遇したことに始まる。

 ユングは、人間の心の奥に得体の知れない何かが存在することを直観したのです。

 ユングは、この東洋の不思議な絵図を、単なる東洋の人間に特殊な内面の表象などではなく、それが同時に、人間普遍の宇宙観を示すものであると考えるようになったのです。

 そもそも、マンダラとは、次元を超越するほどエネルギーレベルの高い図形なのです。

『幸せの和』は、このマンダラの中央の円を想定したもので、『九つの和』は、胎蔵界のマンダラ、つまり、ここからすべてのものが生まれてくるというもので、英語でマトリックスと訳されております。

 お釈迦様は、真実を認めないことが「無明・無知」だと説かれていますから、マンダラはその無明・無知を解消し「光明」に至る図形になるのです。

 波動の高いマンダラは、眺めているだけで、波動の低いネガティブな思考も邪気も相殺され、本質や真理に至る!と、直感したのが、覚醒した聖人であり、空海です。

 1000年に一人と言われている天才が、意味のないものを命がけで日本に持っては来ません。

 波動の高いマンダラに、波動の高い言葉を入れてそれを眺めているだけで、波動の低いネガティブな思考も邪気も相殺され、本質につながることを意図して書いたのが、文字入りの『幸せの和』です。

 その最高峰が九頭龍になるのですが・・・。もっと、わかりやすく、多くの人を光明に導くものはないものか!と、思っておりました。

 そして、愛、喜、光、輝、和、今、瞬、智、富、豊などのレベルの高い言霊を、九つの和=マンダラの中に書き入れれば、九頭龍のように高次元のエネルギーの場に至り、誰もが望ましい現実に変えることができると直感したのです。

 九つの和=マンダラは「聖なるシンボル」であり、あなたを力強く光明へと導いてくれるのです。

 九つの和=マンダラのパワーを借りて、自分の意識の波動を、高い次元と同じ周波数で振動するところまで上げれば、九識の根本浄識のレベルに至ることができるのです。
 
 多くの人が、様々なことで、怒りや嫉妬、悲しみ、欠乏、老化、病気など、ネガティブな面に染まり切った心のフィルムが、現実を招いているのです。

 けれども、エネルギーレベルが一気に高まり、意識レベルの上昇が「心のフィルムに焼きつかれた各要素のABC」を変える事ができれば、理想的な人生の現実を招くスクリーンになるのです。

 本質の意識の大河から至福の喜びや平和を常に受け取るようにするのです。

 悲しみや不足によって人生を展開させられているのですから、意識を高めることにより喜びと豊かさによっても展開できるのです。
 
 九つの和=マンダラは、右脳を活性化し、心の奥の本質や真理に至る人類の集合無意識に記憶されているツールですから、内なる力が現実を生み出すことを熟知して、自分が望む現実化を招いてくれる「聖なるシンボル」である九つの和を眺めるのです。

========

 ・「今この瞬間に生きる」九つの和

 『九つの和』の中に「今」という漢字と「瞬」という漢字を書き入れます

 悩みとは、あなたの意識が、今この瞬間からはなれた状態のことです。

 今の瞬間に生きることは、小さな自己が、偉大なる自己の意識に変容するためのステップになります。

 今・ここの瞬間は、誰もが無限なのです。自分は無限であると信じ切った時、あなたは無限になるのです。

 あなたの内なる神を見つけてください。全知で全能なるものはあらゆることを実現できるから、神の希望はすべてそのまま実現されるのです。

 よって神は成功する。神は失敗しない。神は挫折しない。神は恐れない。神は心配しない。従って、神は喜びであり、神は平安である。

 すべてはひとつであり、今と過去と未来はひとつである。あなたと神はひとつであり、あるがままであなたは神であることを知りなさい。

========

 ・あなたが「光り輝く」九つの和

 『九つの和』の中に「光」と「輝」という漢字を書き入れます。

 本当のあなたは、光り輝く存在でありますどんな時でもつねにあなたの本質はまばゆく輝いています。

 あなたの本当の姿は身体の大きさではなく、実は、ほんの小さな光の点なのっです。この「光」は、ブッダ釈尊によれば、全意識を集中する際に現れる最終ニミッタ(光の点)と対応しています。

 これは、空海が虚空蔵の真言百万遍で見た「明星」のことでもあります。

 私たちのDNAは、自らもうけた制限やさまざまな影響によって変化してきました。より深い意識層に入ることで光のエネルギーが注がれ、DNAは本来あるべき「光の種」に進化することができます。

 九つの和=マンダラの「聖なるシンボル」は、あなたの輝きを取り戻すのです。

========

 ・「豊かさ」を実現する九つの和

 『九つの和』の中に「豊」と「心」という漢字を書き入れます。

 私たちは本来豊かさのエネルギーのなかに存在しており、本当はいつでも思うがままに豊かさのエネルギーを使うことができます。

 このシンボルを眺めることにより豊かな現実を創りだすためのアイデアに溢れたインスピレーションが飛び込んできたり、あなたの願いが豊かさに現実化していくことを実感してきます。 

======== 

 ・「無条件の愛」に至る九つの和

 『九つの和』の中に「愛」と「心」という漢字を書き入れます。

  無条件の愛は宇宙で最もパワフルなエネルギーのひとつです。
 
 執着のない純粋の愛そのものがあなたの中にあるのです。

  「変性自我」を超越できるのは自分を愛することです。

  「変性自我」は、エゴとか肉体的意識とも呼ばれます。

 「変性自我」は、深い悲しみ、絶望感、罪悪感、屈辱感、無力感、疎外感、孤独感に支配されていますので、いつまでも苦しみの状態が続くのです。

 嫌な自分、弱い自分、嘘つきな自分、何も出来ない自分など本当に見たくない自分から、無条件の愛そのものの本当の自分に戻るのです。

 無条件の愛のパワフルなエネルギーで「変性自我」を溶かすのです。

=========

  ・「至福の喜び」に至る九つの和

 『九つの和』の中に「至福」と「喜」という漢字を書き入れます。

 閉ざされた心でいることの最も残酷なところは、それが喜びを知るのを妨げてしまうということです。

 それはあなたを人間の幻影の奴隷のままにしておくのです。

 自分自身のそして神の栄光を知るのを妨げてしまうのだ。

 あなたを助けてくれる「聖なるシンボル」は、あなたを力強く助けてくれます。
 
 これを見ているだけで至福であることを自ら受け入れ享受することができるのです。

 至福の喜びのエネルギーは常に上位にあり、停滞しているエネルギーやネガティブな感情のエネルギーを溶かします。

 感謝の気持ちが自然に湧き、人生が美しい色彩に溢れでてきます。

 あなたの周囲も、至福の喜びに満ちあふれるエネルギーへと変容ます。

========

 ・「道を悟る」九つの和

『九つの和』の中に「悟」と「道」という漢字を書き入れます。

 無明の意識は、人を牢獄に入れ、これ以上小さくて暗く、汚らしい穴ぐらはないという場所に押し込めることはできても、本当の光の自分に気づくことで状況は一変します。

 あなたは光であり、純粋なエネルギーであり、無限の力であり、最高のレベルの知性なのです。

 そして、あなたは最も神聖なるもの、神の恩寵とあなたが考えてきたもの、まさしくそれが本当のあなたなのです。

 自信がないときに「自信を持とう」と考えてもなかなか簡単にできませんが、自分の中にある力の源泉に触れることさえできれば、しっかりと自信に溢れた状態になります。
 
========

 ・「無限の叡智と無尽蔵の富に至る」九つの和

 『九つの和』の中に「智」と「富」という漢字を書き入れます。

 望んだことは、それがどんなことであろうと「智ること」を通じてこれを一瞬のうちに自分の人生で具象化する力が、あなたにはあるのです。

 無限の叡智と無尽蔵の富は、誰もが本来持っているものです。

 はじめに無限の叡智を引き出すと、無尽蔵の富がついてきます。

=========

 ・「天才に至る」九つの和

 『九つの和』の中に「天」と「才」の漢字を書きます。

 もしあなたが天才の領域からものごとを見て、考え、感じられたら、あなたのクリアしたい現状は、とても大きく前進しはじめます。

 あなたはほんの少し必要な能力を拡張するだけでも、あなたの中の膨大な天才的メモリーが引き出されるでしょう。この九つの和は、その天才の扉を開ける鍵になるのです。

 あなたのもっている能力が総動員されます。学習能力、問題解決能力が飛躍的に向上するのです。
 
=========

 ・「命の源流」に至る九つの和

『九つの和』の中に「命」と「源」の漢字を書きます。

 「命の源流」は、万物の創造の場でもあり、すべてのエネルギーの源流になります。

 湧き出るエネルギーは、あなたの生命力を輝かせて心身を若返らせます。

 生命の流れをいきいきと活性化してくれます。

 そして、創造のエネルギーでもありますから、あらゆる創造のアイデアも湧いてくるのです。

 生命エネルギーの持つ情報を最大限まで高めるのです。

========

  九つになりました。九つの和が、九つで、目指している意識のレベルも九識ですから、九にシンクロしています。
 
 九は、昔の呼び方では「ここ」と呼びます。「今ここ」のここでもあり「こころ」のここでもあります。

 「今ここ」の心が、九識のアマラ識であり、この意識は根本浄識であり、純粋の愛そのものの「本当の自分」の意識なのです。

 今年は、多くの人が、九識のアマラ識に至ることを念頭に入れて取り組みたいと思います。
 
 ありがとうございました。
 
=========

 「7歳」若返る!という方法が公開されています。

http://123direct.info/tracking/af/1103895/9GIg1TF3/

この中には、・100%自分の能力を活かしきる秘密という項目もありますので、無料のオプトインには質の高い内容かと思います。

http://123direct.info/tracking/af/1103895/9GIg1TF3/


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事