私たち人間も構成物質は突き詰めれば素粒子になります。

< 第2295回 > 2014年02月06日 発行

 QE:クォンタム・エントレイメント(量子の同調)という注目すべき手法があります。

 この手法を提唱しているフランク・キンズローさんは、35年以上にわたりヒーリングのテクニックを研究し、人々に教示しております。

 カイロプラクティックのドクターとしての臨床経験、東洋の秘教的哲学と実践の徹底した研究、そして、相対性理論や量子物理学への熱烈な思いから、そのヒーリングテクニックを引き出しました。

 2007年、個人的な危機に陥ったとき、行くべきところも、やるべきことも何もないという状態になり、瞬間ヒーリングのクォンタム・エントレイメント(QE)(量子の同調)のプロセスは生まれたそうです。

 量子の同調の「量子」とは、素粒子の総称で、素粒子とは電子や光子などの物質を構成する最小のものです。

 この素粒子が結合し、あらゆる物質物体ができているということになります。

 私たち人間も、構成物質は突き詰めれば素粒子になります。そう。私たちは量子でできているのです。
 
 フランク・キンズロー氏は、物質は微小になればなるほど、エネルギーが大きくなる!と、ビデオで説明しております。

 これは、素粒子のエネルギーの高さに注目した「命数」に非常に類似しております。

 命数の奥義の降龍で、この微細な領域に至れば、至福感にもなるし、瞬間的に癒されるヒーリング効果もあるので、ものすごく興味を惹かれています。

 さて、この量子の性質は・・・。

 量子は普段は波のような性質を持ち広がっている。そして、それを観察した瞬間、その観察というエネルギー要素のため粒子としてふるまうのです。

 人間が量子でできているとすれば、人間もミクロ的にはこのような要素があるはず!というのが、量子の同調によるQEという概念になります。

 思考はどこから生まれてくるのか?思考の色は?思考の形は?等自分に問いかけていくと、ふっとした時に何も思考のない状態になります。

 そこが本当の意味での自分になり、そこに気がつき浸っているととても穏やかで平和、静寂、落ち着き、ずーっと、その場にいたくなるような心地の良さを感じます。

 これが、ユーフィーリング状態といい、至福感、つまり、テイラー博士のララランド(陶酔の世界)になるのです。

 思考を観察して、ただ純粋な「気づき」に気づき、そして、そこからユーフィーリング(至福感)に気づく!
 
 一番しちゃいけないのは「頑張る事」で、ユーフィーリングに気づいて、後はなんにもしないこと。というのですから、誰もが簡単にできる手法です。
       
                『瞬間ヒーリングの秘密』 P22より

=========

思考の源泉を明らかにすることで、否定しようのない顕著で明確なヒーリング効果がもたらされ、体の症状も人間関係も、お金の問題も、感情や恋愛の問題までもが癒されてしまうのです。

「思考のすべてが生まれるところ」にただ気づくだけで、あなたの人生のあらゆる側面が素晴らしく変容されます。

その思考の源泉というのが、永遠に現存するあなたの伴侶、純粋な気づきなのです。

=========

この思考の源泉というのは、素粒子の領域の阿頼耶(あらや)か阿摩羅(あまら)になると思います。
 
 六徳 (りっとく)→虚空( こくう) →清浄 (しょうじょう)→阿頼耶(あらや)→ 阿摩羅(あまら)→涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)

 この命数には、マナ識がありませんから、思考の源泉である阿頼耶(あらや)に至り、阿摩羅(あまら)と同一化すれば、喜びや至福の感情になり、九識の無限のエネルギーが、すべての問題を解決してくれるのです。

 禅や瞑想の習慣がないと そうそう簡単に誰でもユーフィーリングに入れる訳ではないですね。という感想もありますが、ミクロの命数を認識していれば、禅や瞑想の習慣がなくても、ユーフィーリングに至ることができます。 

==========

この手法の本の紹介文です。

/////////
 
 世界中で話題の画期的なヒーリング法、登場!

 その名前は、QEといいます。クォンタム・エントレイメント(量子の同調)の頭文字です。

量子が同調したとき、瞬間的にヒーリングが起こります。

量子が同調するには、意識が「純粋な気づき」(ピュア・アウェアネス) になる必要があります。

「純粋な気づき」の状態になったときに、瞬間ヒーリングが起こります。

「純粋な気づき」は、覚醒(悟り)にも通じ、悟り系の人にも関心を持って読むことのできる本になっています。

QEは、肉体だけでなく、感情的な問題をも癒します。動物、無生物にも適用できます! 遠隔もOK。

//////////

 この手法の画期的なことは、量子=素粒子の領域に意識を向ける!ということです。

 ミクロの命数で、この領域に意識を向けるだけでも、狐につままれたような有り得ない奇跡の体験が、たくさん寄せられております。

  至福感のエネルギーが湧いてくるミクロの命数に興味のある人は・・・。

 『幸せの文庫』のミクロの命数に関連した作品にその理論的背景が書かれております。

  http://noubouonline.cart.fc2.com/

 
  ありがとうございました。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事