変性意識状態がある一線を越えると人は子供になる。

< 第2316回 > 2014年03月03日 発行

  夢の中で、本当の自分を十牛図のように探していたら運良く遭遇できたのですが、なんとそれは、中学生くらいの少年だったのです。

 夢の中で、自分のイメージとしては、白隠禅師の「白幽仙人」、ユングの「賢老人」などを想定していたので、少しがっかりして、この本当の自分に相談しようにも??

 せっかく「高次の自己」=ハイヤーセルフとの対話を楽しみにしていたのですが、少年だったので、勝手が違います。

 何を質問していいのか?例え質問があったとしても、どうか、私の質問にお答えください!とは、言えない状況だったのです。

 夢ですから期待通りにはなりませんが、謙虚になれ!純粋になれ!初心に戻れ!ということなのか?と、夢の中で自問自答していました。

 能力開発のサイトに以下のような文章がありました。

//////////

 子供は無邪気だ。天真爛漫だ。

無邪気さとは計算しないこと、考えないこと、そして感動を全身全霊でできる。

人は成長していく生き物だけど、天真爛漫さや子供の心だけは変に成長してなくしてしまうのはもったいない。

無邪気さ・天真爛漫さを持っている大人ほどストレスがない、人生が楽しい、そして感動がある。

そんな人を見ればわかると思う。

しかもそれが長続きするし、あらゆることが心の栄養になる。趣味でも仕事でも。

ストレスを溜め込みやすく人生に感動が少ない人は、誰よりも大人をやってしまっている。

大人をやるからこそ、ストレスに弱くなり、生きていて辛いことばかり拾ってしまう。

そんな人であれどんな人であれ、心の奥底に眠る『子供の心』を持っている。

しかし、あまりにもそれらを抑圧して生きてきたために、自分にそんなものがあるなんて気づかない。

だからこそ、大人の虚飾をすべて剥いだ心の状態になる必要がある。それは心のリセットだ。

時間軸では起きたことはリセットできない。が、トランス状態では、その人の脳奥深くに眠る子供心にリンクさせることが可能だ。

成長するに従って、色がついていった心をリセットできる。

脳は刺激を与えないとどんどん衰えていく。それは子供の心も同じ。

大人をやると、子供の心が大切だと思っても使うことができなくなる。楽しみたくても楽しめない人間になってしまう。

そんな大人の脳に、自分自身の子供心を追体験させる。

なぜそんなことが可能かというと、変性意識状態がある一線を越えると、人は子供になる。

それを退行というけれど、理論上存在しても、実際にその状態になることは非常に難しい。

それもそのはず、浅い催眠状態に入ることすら、ほんの被暗示性の高い人をのぞいて困難なのだから。

ここでは、ほとんどが理論倒れに終わっている退行状態に実際に誘導で入ることができる。

そこで子供時代の無邪気さ、天真爛漫さに浸ることで、ギュウギュウに狭められた大人の脳に余裕を与えていく。

感情的栄養も与えることができる。

効果も緩みも暗示浸透力も延ばすことができる。

感動しようと思っても、大人では感動できない。

子供のように素直に天真爛漫に感動できるベース作りをしていく。

///////////

 この文章を読んでいると、明らかに「本当の自分」の意図が感じられます。

 夢に出てくる人物も、動物も、物も、すべてが自分!ということですから、夢の中では、まだまだ対立関係がありエゴが支配しているようです。

 他者への依存心から、白隠禅師の「白幽仙人」やユングの「賢老人」などを想定して、エゴが勝手に、師匠を思い浮かべているものと思います。

 もっと「本来の自己」の偉大さに気づきなさい!という暗示だったのかも知れません。

 まだまだ修行が足りない!ということのようです。

 さて、夢も幻ですが、現実の世界も「本来の自分」=創造主が作ったシナリオであり、これも夢と同じように幻だと思います。

 自分自身の内面を見つめ、自分の思考を繰り返し観察していると自分をがんじがらめにしている無駄な思考に気づいてきます。

 冷静に客観視していると、思考が止まる瞬間があります。

 この瞬間は、自我が不在の状態であり「いまここ」の状態です。

 至福感や安心感などの通常と違った感覚が起こってきますので直ぐに分かります。

 エネルギーも上がってきて、体が温かくなり幸せになるので、自然と、このままの状態を維持してしまいます。

 まどろんだような状態でも感覚は研ぎ澄まされているので、自分とは思われない、不思議と理解力が高まっているのです。
 
 この感覚を長く続けていると、すべては創造主である「本来の自分」がつくったシナリオであり、幻であることが理解できるのです。

 これは頭の理解ではなく、感覚が理解するのです。

 ですから、何が起きても動揺することがなくなります。


  ありがとうございました。

==========

 私の友人が、オンライン家庭教師講座「e-class(イークラス)」というインターネットでの個別指導を展開する!ということで、HPを紹介します。

 「英語に特化した指導」ということになっていますが、他の科目の指導も可能です。

 彼は、学習塾で受験生を指導しておりますが、インターネットでの展開だと、より多くの指導が可能なので、この企画に至ったそうです。

--------------

 このe-class(イークラス)ですが、この度アフィリ商品として販売することになりました。

▼インフォトップ
小・中学生のための英語に特化したオンライン家庭教師e-class(イークラス)

▼インフォカート
小・中学生のための英語に特化したオンライン家庭教師e-class(イークラス)


 ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事