自分の望みがすでに実現しているというワクワク感の繰り返しが大切なのです。

< 第2326回 > 2014年03月14日 発行

・<目の前の現実を変える>

 現実化で注意するのは、期待を持つことです。

 願望を内面にインプットする時の感情は「今、この瞬間にいて、ワクワクする感覚を大切にすること!」でした。

 けれども、自分の現実は、その通りになるはずだ!という期待感を持つと、源の鏡はそのまま映ってしまうのです。

 その時、あなたの波動は「こうなってほしい」という期待感そのものなのです。

 「こうなってほしい」という期待している状態は、まだ欠乏している状態であり、望ましい現実とはかけ離れている状態なのです。

 つまり、源は投影して出した波動をそっくりそのまま完璧に映しだすので、期待感の波動が源に投影され、源からは期待感が反映として戻され、望んでいない現実を経験することになるのです。

 ですから、願いが叶い、思い通りの現実になり、ワクワクする感覚を内面の鏡に投影しているのに、それとは反対の「こうなってほしい」という期待感の波動を出していたら、現実創造の回路が混乱してしまうのです。

 せっかく、望ましい現実の波動を送っているのに、余計な期待感を持ってしまうと、その期待感の波動が現実化してしまうのです。

 自分が投影して出しているエネルギーに、余計な条件や判断をつけてしまうと、望ましい現実化が起きないのです。

 これが、注意する点なのです。

 夢や願望を叶えるために、期待感を持たない人はいないと思います。100人のうち99人は、つねに期待していると思います。

 けれども、このような期待感がネックになってしまうのです。

 自分が全く望んでいないことが、勝手に起きているように見えても、それはすべて、自分が選び、自分が体験したいと願っていることが起きているのです。
 
 そして「今、この瞬間」にいる本来の自分は、完璧なのです。本来の自分は、無限ですから、何一つ欠けているものはないのです。如何なる時でも明るく光り輝いているのです。

 ですから、満たされているので、深い感謝、愛、至福(ワクワク感)を常に持っているのです。

 本来は無限のパワーを持ち、すべての豊かさを満たし万能である自分が、不自由で、不完全で、貧しい制限と制約と条件に束縛された無力の能無しになっているのです。

 ですから「今この瞬間の自分は素晴らしい。だから何も加える必要はない。それでも、ゲーム感覚で願望の達成を試してみたい!」

 というような感覚で内面に投影すると、期待感は持たなくなると思います。

 自分の中には、無限の可能性が存在し、あらゆるパラレルワールドがすでに完全に準備されて実在しています。

 自分が望んでいるパラレルワールドをつねに意識をしていなければ、無意識に流されて、望んでもいない現実が次々に現れるのです。

 これまでの間違った信念に捕らわれている限り、現実の映像を支配するよりも、逆に支配されてしまうのです。

 自分の望みがすでに実現しているというワクワク感の繰り返しが大切なのです。

 夢や願望がすでに実現しているという気持ちに頻繁に満たされていることと期待感を持たないことが成功の秘訣になります。

 この方法で願望が実現すると、全く新しい素晴らしいパラレルワールドに住むことになります。

 それがステージが上がる!ということになります。

 そして、今この瞬間、本来の自分を受け入れて、自分の意識の中で融合してください。

「苦しみの度合いは、自分がどれくらい『今、この瞬間』に抵抗しているかに比例しています」という、言葉があります。

 『今、この瞬間』にいることが、本当の自分になれるのです。

 現在のこんな状況は、本当の自分ではない、本当の自分はもっと完璧で自由で豊かで才能と力を持った存在なのです。
 
 今、この瞬間にすでにその完璧で有能で 魅力的で素晴らしい本当の自分が、生き生きとワクワクして存在しているのです。

 
 今の瞬間に生きて、意識的に生きる!ためにもマントラを唱えることをお勧めします。


『お金を呼び込む最強のマントラ』
「お金」のエネルギーに周波数を合わす最先端の科学」
    

 
  ありがとうございました。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事