お金はいつもたっぷりと十分に満ちていると思考を送り出し続けることです。

< 第2335回 > 2014年03月25日 発行

 先週からの一連の「NULL(ナル)ポイント」のイメージで、「お金を強烈に引き寄せるワーク」というイメージ法に繋がりました。

 お金ですから、この漢字にも十字があり、このイメージの中には、エメラルドグリーンというハートのチャクラの色もあり、と、複数のシンクロがありますので、取り組む価値があると思いました。

 イメージですから、左脳の支配から右脳へとシフトすることが出来ます。 

 ハートのチャクラが中心になるように降龍の縦と横の実践をして、意識を深めてから・・・。

 あるいは、金の漢字の中心の十字から意識を深めてトランス状態になってから、このイメージを実践すると高い効果があると思います。

 とにかく、イメージが苦手な人にもできて、効果があるということですから、ありがたいことです。

『お金を強烈に引き寄せるワーク』

////////////

あなたは白い砂浜にいます。

ここはあなただけのプライベートビーチです。

あたたかい砂の感触が裸足に心地よく歩くと指の間にも入ってきます。

目の前にはエメラルドグリーンの海が広がっていて上を見ると青い空がどこまでも広がっています。

息を吸い込むとさわなかな海の香りがして目を閉じるとカモメの声も聞こえます。

波の音も聞こえてきます。

真っ白な砂浜を歩いて波打ち際まで行ってみましょう。

砂の感触を確かめながら歩いていくと心地よいあたたかさの海の水が足にあたります。

足もとの砂を波が削っていきます。

 突然足もとの波がお札になりました。

 1万円札や1000円札5000円札など海水のかわりにお札が沖のほうまで波打っています。

 水平線のかなたまで、ずっとお札(さつ)になっています。

 少し不思議な光景ですが、あなたは両手を広げて水をすくうようにお札をすくってみました。

 すくっても拾ってもいくらでも、打ち寄せてくるお金の波にびっくりしながらも、たくさんのお金を拾ってみました。

 あっという間に自分のまわりもお札だらけになってしまいました。

 この海のお札はすべてあなたのものです。

 あなたが必要なときには十分に、たっぷりとあなたのほしいだけのお金はいつもあなたの周りにあります。

 このお札の海にあなたが今持っているお財布の口をあけたまま入れてみましょう。

 そうするとお財布の中がお札の海と同じ状態になります。

 あなたのお財布の中はこの海の水のようにいつでもお札で一杯の状態を記憶しました。

 お札はお財布の中でいつでもどんどんあふれて空っぽになることがありません。

 ためしにイメージの中のお札を10枚ほど出して、買い物をしてみましょう。

 お財布の中を見るとまた取り出したお札と同じだけ補充されています。

 お財布の中にお金がないと感じる時は、いつでもあなただけのプライベートビーチに行ってお金の海を体験しましょう。

 あなたの生活には十分なお金がいつも循環しています。

 あなたは今までそれを見ようとしないで生きてきました。

 目の前はいつも十分なお金であふれているのに、すくうことも拾うことも出来ませんでした。

 これからはほしいときにほしいだけのお札はいつでも手に入ります。

 ひとつだけ注意することがあります。

 あなたのプライベートビーチはあなたが「喜んでお金を使いたい」と思わないとお札になりません。

 また、そのお金は使ったらなくなってしまうと思うとそのとおりに消えてしまいます。

 大切なことは、お金はいつもたっぷりと十分に満ちていると思考を送り出し続けることです。

 習慣になれば、お金があるのが当たり前の生活になってきます。
 
 このワークはとても強烈ですので、強い思考エネルギーで集中してこのワークをすると遅くても2日目くらいで効果が現れ始めます。

 たのしんでやってみてくださいね。

    一瞬で願望がかなって幸せになる方法のブログより。

/////////////

 「お金を強烈に引き寄せるワーク」の動画もyoutubeにありました。

  http://www.youtube.com/watch?v=gr14MJ9mgWs


 ありがとうございました。


▽ナル・ポイントに関連した真言 

 『お金を呼び込む最強のマントラ』
     

  『腕振り運動=スワイショウ』
     




スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事