自我(エゴ)の思考は過去と未来にしか至りません。

< 第2369回 > 2014年05月05日 発行

「一念」という言葉があります。 今は、その意味は、・ひたすら心に深く思いこむこと。また、その心。として使われておりますが・・・。

 念とは、今の心ですから、本来は、・非常に短い時間。瞬間。きわめて短い間。一刹那(いつせつな)。一瞬。という意味でありそれが、いつのまにか、現代のような意味になったようです。
 
・「ただ今のいちねん」の訳は「今の一瞬」となります。

 一念を使った言葉を上げてみます。

 ○いちねんさんぜん「一念三千」

 これは、天台宗の教旨で「一念」とは、私たちの瞬間瞬間の生命のことで、この一念に、すべての現象、働きを意味する三千の諸法がわっていることを説いたのが、一念三千の法理。

 ○いちねんごひゃくしょう「一念五百生」

 ただ一度、一瞬でも妄想を心に抱いただけで、五百回も生死を重ねる輪廻(りんね)の報いを受けること。

 一念=一瞬という意味で、書かれている文章もあります。

//////////

 始めなきの過去も、永劫の未来も、はるかな宇宙の果ても、極小あるいは極大の世界も、すべて即今の一念(一瞬)に収まっている。

 時間が「今」の連続であるように、空間は「ここ」の連続であり、すべては「今ここ」の一念(一瞬)に収まっている。

 時間があり空間があると思っているが、本当は分けられるものではない。存在するのは即今目前の一念(一瞬)の事実だけである。

 真理を探求することは大切であるが、いたずらに心を遠くへ放り投げてしまうと、自らを不安に陥れることになる。

 即今目前を踏み外したとき人間の不安と苦しみが始まる。死に対する恐れも、宇宙の果てを考えて不安になるのと同じで「今ここ」からよそ見して、自ら迷い自ら恐れているのである。

//////////

 自我(エゴ)は、今の一瞬を嫌います。ですから、自我(エゴ)の思考は、過去と未来にしか至りません。

 禅では自我(エゴ)を殺すことが重要であり、自我(エゴ)を殺した状態が、正念(しょうねん)と言われております。

 自我(エゴ)は、今の一瞬を嫌いますから、一念を貫けば、正念になります。 一念と正念は、微妙に関連しております。

 本来 一念とは、時間のことで、きわめて短い一瞬であると、 ・一念岩をも通す!の解釈も、今の一瞬に生きることが出来れば、岩のように堅く大きな障害であったとしても、偉大なパワーが生じその壁を乗り越え必ず成就させることができる! という意味になると思います。

 念力も「今ここ」の一瞬にいれば、偉大なパワーにつながることができる!

 「今ここ」の一瞬にいる人だけに与えられる偉大なパワー!ということになり、通常の解釈の心で思う念力とは、意味が違ってきます。

 いまこの瞬間と自分自身を調和させたとき、そのときにだけ、その大きな力にアクセスすることができます。

 いまという瞬間を通じて、生命そのものの力にアクセスすることができるのです。

 この偉大なパワーは昔から『神』と呼ばれてきました。

 ところで、もう 瞬息→弾指→刹那の三つの命数の「三」という数字を思い浮かべるだけで、条件反射的に「今この瞬間!」に入ることができるようになりましたか?

 大切なのは、あなたの意識の状態で「今この瞬間!」と意識が調和することなのです。

  https://www.youtube.com/watch?v=XUcw4anLZ34
  
 これからの動画は、本格的にミクロの命数で、心の深層に入る実践になります。

 その動画がUPされるまで、この動画で「今この瞬間!」に親しみ調和してくださいね。

 ミクロの命数では、九識がカギになります。さらに、ミクロは、数字にすると396(みくろ)になりますが、この実践でも三と九と六が重要になります。

 特に、「三」は、一念(一瞬)であり、今の瞬間ですから、いつでも、条件反射的に今の瞬間を意識してもらいたいのです。

 そして、九識の九は、ヤマトコトバでは「ここ」と読みます。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10
 ひー、ふー、みー、よー、いつ、むー、なな、やー、ここ、とー

 ミクロの命数で、九識まで意識を深めて、今の瞬間の「三」を九識の「ここ」の領域に入れると「今ここ」の一念(一瞬)に収まることになります。

 >時間が「今」の連続であるように、空間は「ここ」の連続であり、すべては「今ここ」の一念(一瞬)に収まっている。

 三と九の合体で「今ここ」になるのです。そして、六はむーですから、無限のパワーになるのです。

 「今ここ」の一瞬にいれば、偉大なパワーにつながる「神」の念力になります。

 3と9で、39(サンキュー)の感謝です。三から六に入り、九ですべてを浄化するのです。八識も七識も浄化できれば、本当に三六九(みろく)の世界になります。

 メルマガの回数が2369ですから、ここにも369があります。偶然とも思えません。

 九識は、根本浄識ですから、すべてが、この九識の領域に入れば、きれいに浄化されるのです。

//////////

 「私は“今この瞬間”こそが人生であることがわかっている」

 「私は 人生とはいつも“今ここ”であることがわかっている」

 「私は“今この瞬間”がすべてなのだとわかったからには“今”と仲良くしていこうと思う」

 「‘今’を心地よく迎い入れ ‘今’がどんな形でやってきても気を配っていこう」

 「これが“今この瞬間”のあるがままの状況なのだから私はこの状況に抵抗することなく あるがままに身を任せよう」

 これがエゴの終焉です。

    エックハルト・トール

/////////
=======

  ありがとうございました。



スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事