すべての原因は自分の内にあり、最悪の現象や嫌なことにも感謝を深める!

< 第2373回 > 2014年05月10日 発行

 前回の続きになりますが、現実の世界は「幻想」である!と主張しているのは、マネゲの本を書いた、ロバート・シャインフェルド氏もそうです。

 2~3年ほど前のメルマガに、彼のこの本を紹介しましたが、昨年は「ビジネスゲームから自由になる法」を、貸してもらったのですが、同じ内容だったので、途中で中断しました。

 けれども、本田健さんが書いた訳者のあとがきに、ノーベル賞を取るような人は、幻想から出て自由に現実を創造できることに気づいている!と書いてありました。

 彼も、この世界は幻想で、彼は、現実の幻想から出る方法を教わりその技術を学びました。と、書いてありました。

 彼の知っている世界的に活躍している人達は、現実は幻想でこの幻想から出て自由に現実を創造しているとのことでした。

 このことに、早く気づくことが、現実を思い通りに変えられる!ということになります。

 『ミクロの命数』も、マナ識の幻想を示唆しておりますが、考えてみれば、ミクロの命数は、マネゲやビジゲの簡易版のようにも思います。

 どちらも、最終的な目的は『本来の自分』との一体化ですから、非常に類似しており、ほとんど同じになります。

 『本来の自己』は、無限のパワーを持っているのですから、このことに気づき、本当の自分の「主体」とシフトするだけで、現実は思い通りになるのです。
 
 マネゲビジゲは、実現化までに5年くらいかかるようですが、『ミクロの命数』は、瞬間にでも効果がありますから、かなり短縮できます。

 『ミクロの命数』は、病気や痛みなどの体の悩みに関しては、瞬間に効果があります。ですから、マネゲやビジゲに関しての効果のある手法を併用すれば、さらに効果が出ると思います。

 ただし、マネゲのプロセスは、不快なことをどんどん誘導してくるので、かなり厳しい状況になります。

 いくらプロセスができると言えども、有り得ないことが次から次へと起きるのですから、少なくても3年~5年間は、地獄を覚悟しないとできないかも知れません。

 いくら現実が幻想であっても、この副作用には厳しいものがあります。

 ロバート・シャインフェルド氏も書いておりますが、もうこんな状況は耐えられないので、頼むから中止してください!と、何度も天に叫んだそうです。

 お釈迦様も6年間の地獄の苦しみのあとに覚醒しましたので、これが一般的なのかも知れません。

 その点『ミクロの命数』は、副作用がないので、お釈迦様のこともあるし、副作用がないように創られたのかも知れません。

 これは、ありがたいことです。
 
 https://www.youtube.com/watch?v=XUcw4anLZ34

 以前にメルマガに紹介した『マネーゲーム』からの脱出する法です。

//////////

 ロバート・シャインフェルド氏は、この世はホログラムで、この三次元の世界に投影される映像は、すべて幻想であると説明しています。

 『パワーかフォースか』も、知覚のメカニズムは映画館のようなもので、映写機が「意識」そのもので、フィルムはアトラクターのエネルギーパターン、そして、スクリーン上で動いている映像が、私達が知覚している「現実」と呼ぶ世界です。

 ですから、私達はホログラフ(幻想)を現実と勘違いして、人生のスクリーンに働きかけ、いつも努力を捧げてしまうためにこれらの努力は効果がないのです。

 と、書かれており、このスクリーン上の映像は幻想であり、本当の力は存在せず、幻想に働きかけても無駄であり、努力は空回りなのです。

『マネーゲーム』からの脱出する法においても、ホログラムの幻想からに働きかけても無駄なことであり、意識を深めて無限のパワーから力を取り戻し、本来の自己のパワーを取り戻すために、独特な解放のワークを説明しています。

 そして、量子力学の説明に、『パワーかフォースか』でも、その理論を採用しているデビッド・ボームの理論で説明しているのです。

 この本では、肝心の万物の生成の源は、「セロポイントフィールド」と説明していますが、この本では簡単にフィールド』と書いています。

 これはメルマガでも常に書いてきた本来の自己=『命の源流』であり「無限のパワー」であり「涅槃寂静」であり、中心の中心の中心のことです。

 この誰にでもある本来の自己=無限のパワーからの力と一体化することを強調しているのです。

 意識レベルを高めて高次の次元に進みなさい!と言っているのです。

 ロバート・シャインフェルド氏は、11番目の理論で成功しました。しかし、お金持ちになっても、心配・不安・恐怖から逃れられず、つまり、11番目の理論にも限界があり、さらに、色々なものを試して、この段階に達しているのです。

 彼はジグソウパズルの積み上げと、表現していますが、成功のためのテクニックであるビジュアライゼーション、アファメーション、引き寄せの法則などが、最終的に失敗する理由も的確に説明されています。

 特に、愛に基づかない「ザ・シークレット」「ザ・パワー」では物質次元の幻想の罠にはまりやすいと説明しています。

 本題である経済的な心配・不安・恐怖から解放されるテクニックは『フィールド』=『命の源流』=無限のパワーを意識しているので、効果があるのは当然だと思いました。

 すべての原因は自分の内にあり、最悪の現象や嫌なことにも感謝を深める!という理論も同じなのです。

 どんな状況でも感謝を深めることは、『フィールド』=『命の源流』=無限のパワー=本来の自分に近づくことになりますから、本物だと思います。

//////////

 ありがとうございました。

 
スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事