このあたりの命数(塵・・・)は、3次元の迷いの世界になります。

< 第2384回 > 2014年05月24日 発行

 前回メルマガに書いた、シャインフェルド氏の「マネゲ&ビジゲ」とは、・『ザ・マネーゲームから脱出する法』『ビジネスゲームから自由になる法』という2冊の本のことです。

 質問の中で尋ねられましたが、他にも疑問に思われている人もいると思います。勝手に簡略してしまい、申し分けありませんでした。

 これらの本は、ロバート・シャインフェルド氏が、巧妙に仕組まれたマネーとビジネスの幻想から脱出し、この世界の背後にある真実を追究するために書いた本です。

 この2冊の本の内容は、ほとんど同じなのですが、翻訳された本田健氏のあとがきを比較すると、1冊目とはがらりと変わっていて、はじめは半信半疑のようでしたが、2冊目になると、確信が深くなっているように思いました。

 先日メルマガに書いた文章を抜粋します。

=======

 本田健さんが書いた訳者のあとがきに、ノーベル賞を取るような人は、幻想から出て自由に現実を創造できることに気づいている!と書いてありました。

 彼も、この世界は幻想で、彼は、現実の幻想から出る方法を教わりその技術を学びました。と、書いてありました。

 彼の知っている世界的に活躍している人達は、現実は幻想でこの幻想から出て自由に現実を創造しているとのことでした。

 このことに、早く気づくことが、現実を思い通りに変えられる!ということになります。

=======
 
 ロバート・シャインフェルド氏は、この世界の背後にある真実」を見つけて、その発見を著作や講演を通して、190か国以上の人びとに伝えているそうです。 

 さて、この「ビジゲ」の本に「本来の自分」についての説明があります。

@@@@@@

 「本来のあなた」は、無限の力を持つ偉大な存在なのです。指をパチンと鳴らすだけで、何でも欲しいものが即座に現れます。

 これまでの概念を超える全能とも言うべき力が本来のあなたに備わっているのです。

 自然と人間の力をすべて合わせて10億倍にしても、真のあなたがいつでも発揮できる力に比べたら塵(ちり)に過ぎません。

@@@@@@

 と、書いてありますが、指をパチンと鳴らす!とは「弾指」のことです。

 そして、塵(ちり)も、命数にあります。

 →塵→埃→渺→漠→模糊→逡巡→須臾→ 瞬息→弾指→刹那

 命数の塵は(じん)と読みますが、このあたりの命数は、3次元の迷いの世界になります。

 これらの迷いの煩悩の世界を超えて、次元を超えた量子の世界へ、10のマイナス16乗以下の「瞬息→弾指→刹那」へと、時間を越えた今の瞬間の真実の世界へと進むのです。

 このように本質に向けての意識を深める意図が『ミクロの命数』にもあり、ロバート・シャインフェルド氏が言うところの「この世界の背後にある真実」とも一致するのです。

 このシンクロも、思考からでなく、純粋な気づきからくるもので、今この瞬間に生きること!の大切さを知らしめるメッセージなのです。
 
 これに関する詳しい内容は、「今この瞬間に生きる!」ワークにあります。

////////

・『ミクロの命数』第1部「今この瞬間に生きる!」ワーク
 
 https://www.youtube.com/watch?v=XUcw4anLZ34

//////// 

 この本の『本来の自分』についての内容ですが・・・。

>自然と人間の力をすべて合わせて10億倍にしても、真のあなたがいつでも発揮できる力に比べたら塵(ちり)に過ぎません。

 ということですから、一瞬、混乱してしまいます。

 つまり、自然と人間の力をすべて合わせて10億倍にしても、『本来の自分』のパワーに比べたら、塵(ちり)に過ぎない!

 という、計り知れない無限のパワーとしか言いようがないほど、私達は偉大な力を秘めていることになるのです。

 前作の「マネゲ」には、自然と人間の力をすべて合わせて10億倍にしても、人間が本来使える力に比べれば、ほんの一部に過ぎません。

 と、書いてありますから、内容は同じく『本来の自分』の偉大なパワーをいかに無限であることを強調しています。

 経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏は、この内なるパワーのことを『宇宙の根源の力』と表現されておりますから、もっとスケールが大きくなります。

 松下幸之助氏は、この無限のパワーを引き出すために、感謝を深め、素直になり、謙虚になり、と、色々なことを実践され、私達に大切な教えを残してくれております。

 そして、彼は、最初に感謝を深めていたのです。

 この一連の概念は、松下幸之助氏は『本来の自分』の偉大さを十分に認識して、ホログラム映像の根底にある『本来の自分』に働きかけて、ホログラム映像を創っていたことになります。

 本田健さんの「世界的に活躍している人達は、現実は幻想でこの幻想から出て自由に現実を創造している!」 ということですから、この例は、松下幸之助氏も、自由に現実を創造していたことになります。

 現実の目に見えるA→B→Cを追いかけるよりも、心の奥にあるABCを変えて、思い通りの現実を創造していたことになります。

 素直になり、謙虚になるとは、ホログラム映像=目に見えるA→B→Cは、幻想の映像なのだから、外の世界に対する執着をなくし、そんなものに抗っても自我のエゴが膨らむだけで意味がない!ということになります。

 ホログラム映像=目に見えるA→B→Cは、スクリーンの映像なのだから、その映像を変えるための心のフイルムを純粋にするために、ひたすら感謝を深め、素直になり、謙虚になるのです。

 それが、無限で偉大なパワーの『本来の自己』への働きかけなのです。

 松下幸之助氏は、理想的な方法で取り組んでいたことになります。

 白隠禅師の何があっても「ほう、そうか」と、現実を素直に受け容れていたのも、本質を見据えていたことになります。

 素直になり、謙虚になって、現実を判断したり、批判したり、文句や不平不満を言わない!「今、ここ」に生きて、何が起きても感謝を深める!という教えです。

 『本来の自分』とは、ミクロの命数では、第九識の阿摩羅(アマラ)識になります。

 過去のメルマガから第九識についての説明があります。

========

 本来の釈尊の教えは、如何(いか)にして第九識(アマラ識)である「神我」を目覚めさせ、業(カルマ)を消し、転生輪廻から解脱を果たし、仏覚に至る事で第八識(アラヤ識)を無くしてしまうのかを説かれた教えなのです。
 
 なるほど「今の瞬間に生きる!」と言うことは、第九識のアマラ識に到達することだったのです。今の一瞬に生きる!ということは、時間が止まって思考が停止する状態のことでもあります。

 何も考えられない!という意味での「思考停止」ではなく、自分の意識に流れている膨大な思考が止まるのです。

 ミクロの命数で、アマラ識に到達すると、至福の状態になり、時間が止まって思考が停止するのです。これで、すべてがすっきりしました。

 誰もがかんたんには到達できませんが、渦を巻いているアラヤ識を通過して、アマラ識に到達するには、ラセンの渦巻きが必要なのです。

 さらに、ミクロの命数の意味からも何重もの往復での浄化が必要なのです。16~18⇔9⇔20⇒21清浄⇔22アラヤ識⇔23根本清浄⇔24と、22のアラヤ識が21の清浄と22の両方の清浄にさまれているのも浄化が大切で、六根清浄のダブルパンチで浄化をしなければという意図が伺えます。

========

 第九識の阿摩羅アマラ)識は、根本清浄識でもありますから、純粋で素直な感情、深い感謝、深い愛、至福の喜びなど、この深い領域から生まれてくるのです。

 これらの感情で満たされている時は「内なるパワーがみなぎっている」状態なのです。

 『ミクロの命数』のイメージや降龍の実践では、深い感謝や愛そして至福の喜びなどが湧き上ってきますから『本来の自己』につながっていることになります。

 ですから『ミクロの命数』に関連する動画をたくさん出して、一人でも多くの人に気づいてもらい、自我のエゴの幻想から脱出してもらいたいのです。

 せっかく10億倍をはるかに超えるパワーがあっても、幻想であるマナ識、自我(エゴ)、思考に『本来の自分』から分離させられ、引き裂かれているのですから、このことに気づいてもらいたいのです。
 
 マナ識、自我(エゴ)、思考などの現実の世界のすべてが幻想で、これらの幻想に振り回され悩み苦しんでいても、大多数の人は何のことなのか、意味不明だと思います。

 この幻想についても『パワーかフォースか』の本では、意識レベルが高くないと、大多数の人が、フォースの世界で生きているので、現実の世界がホログラムの幻想とは認識できない!となっております。
 
 量子力学を持ち出しても、まだまだ異端視される概念ですから、思考や時間を越えた概念と言っても禅問答のようになってしまうのです。

 けれども『ミクロの命数』を実践していると、思考を超えた純粋な気づきが多くなり、シンクロも頻繁に起きてきます。
 瞬間、瞬間に与えられているギフトにも気づき、自我(エゴ)の妨害にも気づいてきます。
 
『ミクロの命数』に精通すれば、だれもが、すべての創造のもとにある力と結びつくことができるのです。

 そして、今ここ、この瞬間に生きることができて、内なる宇宙の中心から、ホログラム映像を創り、現実を思い通りに生きることが出来るのです。

 誰もが、喜びから人生を生きたいと思っているにも関わらず、実際には不安や恐れから行動して悩んでいる人が多いように思います。

 どうせ、生きるなら、喜びから人生を生きることをお勧めします。

 そのためにあるのが、ミクロの命数なのです。幻想を超えて自分の中心に至るツールなのです。

///////////

   ・「ミクロの命数」とチャクラの活性化 第3部 8-8

///////////

 ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事