これほどありがたい「本質とつながる方法」はありません。


< 第 2397 回 > 2014年06月09日 発行

 前回のメルマガで「本質とつながる秘訣」を紹介しましたが、それは、エゴが関心を持たないごく小さなもの、ささやかなもの、が鍵になりました。

 そして、エゴに気づいても、エゴには逆らわない、エゴとは戦わないことです。

 ほとんどの人はエゴに支配されて生きておりますから、エゴと同調することはあっても、エゴに抗って戦う人はいないと思います。

 それでも、深刻な問題が起きて、それを機にエゴの支配に気づく人もおられるでしょう。

 そんな気づいている人も、エゴには抗わないで、傍観して許すことを選択するのです。

 目の前に起きている現象を変える方法はメルマガでも何度も書いているので、現実に逆らうことの無意味さを読めばご理解できます。

 自分の表面にあるものに抵抗することは、自分のレベルも下がり、いつまでも表面にとどめることになります。

 これは難しいことですが、松下幸之助さんの素直になることにも似ています。

 松下幸之助さんは、素直な心とは、真理に通ずる心であります。と、説明しております。

 素直な心が高まってくれば、障害はなくなり、何でも自分の思い通りにすることが出来るようになります。とも、言っておりますから、これも、巧妙にエゴの支配をくぐりぬけることになります。

 人生を好転させる極意は「素直」にあり、本来自分に備わった力を最大限に発揮できるようになる!との説明もありますから、松下さんは、素直な心は、真理にも根源も至ると確信しておられました。
 
 「素直」という本当の意味の英語が見当たらないので、英語圏の指導者は、正直とか謙虚という言葉になっていますが・・・。

 「素直な心の偉大さ」は、経営の神様の松下幸之助氏が身を持って実証してくれた教えであります。

 「素直」とか「謙虚」も、ささやかで、小さなものです。

 けれども、これらは、エゴが書いているシナリオから、気づかないうちに本来の望ましいシナリオにシフトされるのです。

 エゴにも逆らわないで、自分の波動を下げることなく、誰も傷つけることなく、自然に真理に通ずることができるのですからこれほどありがたい「本質とつながる方法」はありません。

 悩みも苦しみもすべての問題は自我のエゴが原因になっています。私達は、エゴの奴隷的な支配下にある限り、否定的な感情を創り出し、心をかき乱し、常に内からのエネルギーはブロック状態にあります。

 ですから、すべての問題の解決策は「内なる本質」につながることです。そして、自分の本質と調和した人生を生きることです。

 そして、本質とつながる秘訣の一つに、本質が内側にすでにあることを思い出すことでもあります。

 思い出すことができなければ、認めることです。

 さらに、その本質の根源からは『愛』のエネルギー、『豊かさ』のエネルギー、『喜び』のエネルギー等の『無限』のエネルギーに満たされ、あふれ出ていることを認めるのです。 

 『ミクロの命数』の言葉の配置からも、これを創った人は明らかに悟りを開いた人で、ものすごい叡智を感じます。

 これには七識のマナ識がないのですから、自我のエゴも幻想ということになります。

 幻想に惑わされていないで、本当の意識に気づいてください。


 ありがとうございました。

 
スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事