NYではジョコビッチ選手の影響でグルテンフリーが大流行している

 『がんが自然に治る生き方』 第18回

 2016年 1月 9日 発行

★☆★☆★☆★☆★☆

 今回も『ジョコビッチの生まれ変わる食事』について書きます。
 
 この本は、現役のプロの選手が、自分が強くなれた情報を惜しげもなく公開している本です。

 世界で頂点を極めたジョコビッチ選手の強さの秘訣が入手できる本ですから、そこには、自分にとってもテニス界で世界一になれるヒントがあるのかも知れません。

 ですから、トップクラスのほとんどの選手が、この本の情報を参考にして、取り入れると思います。

 自分の能力が高まりパフォーマンスが向上するならテニス界だけでなく、色々な分野でも注目されるでしょう。

 トップクラスになると技術的なレベルはほとんど同じなのですから、勝つためのあと一歩のプラスアルファを探していると思います。

 精神的なものでも、日常生活でも、食事でも、どんなに些細なものでも参考になれば、取り入れると思います。
 
 ハングリー精神という言葉もありますが・・・。

 内戦という悲劇にみまわれた幼い時のジョコビッチ選手のセルビアでの苦しい境遇があるから、死に物狂いでがんばる!という覚悟が他の選手とは違うのかも知れません。

 とにかく彼は、素直に受け入れて、この食事法で、覚醒して生まれ変わったのですから、興味深いものがあります。
 
 世界の一流選手の心構えを解説しているこの本のレビューがありましたので紹介します。

=========
正直な ところ、有名アスリートがいま流行のグルテンフリーダイエットについて書いた本、というくらいの受け止め方で、あまり期待しないで読んだ が、世界ランキン グ1位のテニスプレイヤーを劇的に「生まれ変わらせた」という事実がこの本にとてつもない説得力を与えている。

世界ランキングトップ10 まで一気に駆け上 がり、フェデラーとナダルを倒すも、体調があまりにも不安定なゆえに、チャンピオンには手が届かないだろうと誰もが思っていたが、 2010年から1年余り の食事療法で劇的に体質を改善したジョコビッチは、解き放たれたような体のキレと耐久力でナンバーワンに上り詰めた。

今年のウィンブルド ンもフェデラーと 死闘を繰り広げた末勝利をものにした。彼のフィジカルおよびメンタルの強さを生み出した食習慣と生活習慣について書いたのが本書である。

欧 米ではもちろん日本でも山ほど出ている「グルテンフリー(小麦を食べない)」のダイエット本に書いてあることと理屈は同じだが、ジョコ ビッチによってその 成果が可視化されているという点でこの本は類書を圧倒する。

プロテニスプレイヤーは世界ランキング200位までの選手はおおむね食べたい ものを食べているが、40位あたりに入ってくると自分の身体をさながら繊細な楽器のように取り扱う必要が出てくるという。

トップ10、トップ5とチャンピ オンに近づくほど に、技術の差はどんどん縮まり、最後の勝敗を決める際に肉体を精密機械のように細かく調整する能力がものをいうようになるのだろう。

ジョ コビッチの「食べ 物は情報」という言葉から、自分自身の肉体をまるでマシンをのような感覚で見ているトップアスリートの感覚が伝わってくる。

食事について だけでなく、瞑想やヨガを通じた精神のコントロール、心身を快復させるための良質な睡眠などについても述べている。

そういう意味ではダイ エット本というよ りは栄養や食事に重点をおいたマインドフルネス実践の書ともいうべきであろう。

代替医療の本に書いてある内容とも通じるところがある。

パ ンやパスタが大好 きなのでグルテンフリーブームをどこか苦々しく思っていたが、ジョコビッチが言うように体全体を覆う濡れたウールのタオルが取り去られた かのように体が軽 くなり、脳の中にかかっていた霧が晴れたように感じるというのなら、試してみてもいいかもしれないとさえ思った。

しかし、本書の本当の メッセージは「あな たもすぐにグルテンフリーダイエットを」ではない。

「何が必要で、何がそうでないかはあなたの体が一番よく知っている。心を開いて、身体 の声を聴きましょ う」ということである。

人によってはグルテンより先にやめるべき食料や習慣があるかもしれない。内戦という悲劇にみまわれたセルビアでの 生い立ちの話、グ ランドスラムの生々しい戦いの場面などは、読みものとしても興味深い。
========

>プロテニスプレイヤーは世界ランキング200位までの選手はおおむね食べたい ものを食べているが、40位あたりに入ってくると自分の身体をさながら繊細な楽器のように取り扱う必要が出てくるという。

 やはり、世界ランク上位になると、心構えも違ってきて・・・。

>トップ10、トップ5とチャンピ オンに近づくほど に、技術の差はどんどん縮まり、最後の勝敗を決める際に肉体を精密機械のように細かく調整する能力がものをいうようになるのだろう。

 トップ10以上になると、考え方も、覚悟も違ってきますから、もう密かに実践してる選手は必ずいると思います。

  実際にグルテンフリーを実行するとどうなるか!!

 ・カナダのマウンテンバイクマラソン・ナショナルチャンピオンで、グルテンアレルギーを持つコーリー・ウォレス(Cory Wallace)選手に「グルテンフリーの食生活を初めてからどんな変化があったの?」と質問したところ、「何もかも良い方向に変化した」との返事が帰ってきました。

 ライダーとしての結果もぐん ぐん伸びていき、2012年にはついにカナダのマウンテンバイクマラソンのトップに輝きました。

 ・サッカーのメッシもピザをやめて、キレキレに。⇒ 欧州チャンピオンズリーグで優勝。

 メッシは再びピッチ上で羽ばたけるようになるための食事プランの作成について、信頼できる人物に連絡をしたとのこと。

 そして、理学療法士とアルゼン チン代表のチームドクターからアドバイスを受け、ピザを止めたという。それ以降、メッシは圧倒的キレを取り戻したとされているのです。

 ジョコビッチ選手の例や、メッシ選手、そして、マウンテンバイクのコーリー・ウォレス(Cory Wallace)選手のように、この食事法で結果が出てくると、グルテンフリーに取り組むアスリートはどんどん出てくると思います。

 ジョコビッチ選手が食事を変えるまで勝てなかった理由の一つに「脳の働きが鈍くなっていた」という点が挙げられます。

 実際、グルテン由来の成分が吸収され脳のオピオイド受容体に結合することが知られているので、ジョコビッチ選手の快進撃は脳のオピオイド受容体がグルテンから解放された結果だと思われるのです。

 ジョコビッチ選手が食事を変えたことで、脳の働きが鋭くなったのですから、しかも、生まれ変わるほどの変わりようですから、とびっつきり脳の働きが鋭くなったのです。

 彼の脳は、生まれ変わり、まさしく覚醒して世界ランクランク1位になったのです。

 次に、ジョコビッチ選手の食事に対する心構えがルールとしてありますので、紹介します。
 
 ・ジョコビッチ選手の食事のルールその1 ゆっくりと意識的に食べよう

できるだけ効率的にエネルギーを使うためゆっくり食べることを心がけているそうです。早食いをして胃に食べ物が押し寄せると、消化が 遅くなり、満腹のサインをださなくなり、食べ過ぎてしまう。

そして、唾液に含まれる口の中で食物を分解するエンザイムに仕事をさせないまま食べ物が胃に入るので、胃が本来しなくてもいい仕事までする ことになってしまいます。

 その分だけ余分にエネルギーを使い身体に負担をかけることになります。

 ・ジョコビッチ選手の食事のルールその2 身体に明確な指示を与えよう

 経営者が従業員を動かすのと同じように、肉体に対しても優先事項を伝えて指示をだすことが大切だそうです。昼にはできるだけエネルギー をた くさんとって最高のプレーができるように自分の身体に指示を出し、夜の食事では1日の疲れを癒してくれと思いながら食事をするといいます。

・ジョコビッチ選手の食事のルールその3 前向きであれ

 何を食べるかと同時にどのように食べるかによって食べたものが明るいエネルギーになったり、暗いエネルギーになったりするとジョコビッチは信じているそうです。

 そのため食事中には決してテレビを見ないそうです。テレビに前向きな話はほとんどでてこないからと。

 ・ジョコビッチ選手の食事のルールその4 量ではなく質を追求せよ

 以前はプロスポーツ選手としてエネルギーが足りなくなることを恐れていつも余計に食べていたそうです。

 しかし食事改善をしてオーガニック で、天然で、精製されていないものを選んで食べるようになって、以前よりも力が発揮できるようになり、量ではなく質の良いものをとる重要性に 気がついたといいます。

  ・答えは自分で見つけよう

「NYではジョコビッチ選手の影響で、グルテンフリーが大流行している」そうです。

 ジョコビッチ選手はグルテンフリーを強く推奨していますが、権威に惑わされることなく、自分に関することは最終的に自分で判断するべきだと言います。

 すべての「専門家」の意見には背景があり、たとえあなたを助けようとしていても、最終的にそれが相手のためになる場合もあるので、懐疑心が 新しいアイデアを拒絶しないようにしながら、「証明されたもの」と新しい情報の両方を精査する必要があります。

 自分の身体と対話しながら、自分なりの体調管理方法を見つけてください。ということですので、最終的に自分で判断するのがベストだと思います。

 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより掲載しております。

ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事