糖尿病やその予備軍を合わせると2000万人以上もいる・・・

 『がんが自然に治る生き方』 第23回

 2016年 1月14日 発行

★☆★☆★☆★☆★☆

  『ケトン体が人類を救う』(宗田哲男著)の本の内容やレビユーを紹介してきましたが、この本は、自分が読むだけでなく何冊も買って、家族や友人に読ませたくなる!というのですから、よほど感動したものと思います。

一人でも、多くの人に日本の医学の現状を知ってもらい、糖尿病の人やその予備軍、あるいは、様々な病気で苦しんでいる人達に知ってもらいたい!という衝動に駆られる人もいると思います。

このような人達がどんどん増え、正義の医師が増えてくると、糖尿病の治療に関しては、日本の医療界にパラダイムシフトが起こると思います。
 
 糖尿病やその予備軍を合わせると2000万人以上もいるそうですが、まだまだ、そのほとんどの人が、このような情報には触れていないと思います。

 マスコミは新聞もテレビもラジオもCMで成り立っていますから、製薬会社を敵に回すことはできませんから、このような情報はなかなか広めてはくれません。
 
 けれども、正しい論文を書いても、医学界にはじかれてしまうから、正義の医師が、続々と真実を語って本をしている・・・。

ということですから、正義の医師がどんどん増えて、糖尿病ばかりでなく、色々な病気の治療に関しても、本の医学界に革命が起きることを切に希望する次第です。
 
 著者の宗田先生のように、本当に患者さんのことを考えて仕事をしている医師もたくさんいると思います。

 正しい論文を書いても、医学界にはじかれても、宗田先生のように常識にとらわれず、自分で考え行動して、決して諦めないという姿勢を、苦しんでいる患者さんのためにも、貫いてほしいものです。

 学会・研究会で糖尿病専門医とバトルをされ、学会の会長がのりこんできた!というのですから、宗田先生の覚悟と本気度が伝わってきます。

 著者は、北海道大学理学部地質学鉱物科を卒業後、国際航業に入社、地質調査などに従事。その後医師を志し、帝京大学医学部に入学。卒業後は小豆沢病院、立川相互病院勤務を経て、千葉県に宗田マタニティクリニック開院。

 糖尿病妊娠、妊娠糖尿病の糖質制限による管理で成果をあげている。  (本書より抜粋)
                
 このような異色の経路を経験しているから、本質を見極めることができるのかも知れません。
 
  一般的な糖尿病の治療においては、糖質制限で、ここまで緊急を要することもないと思うのですが、妊娠糖尿病の出産においては、短期間に糖尿病のコントロールをしなければなりません。

  これまでのいつまでも治らないようにするような悠長な治療法では、妊婦さんも赤ちゃんの命にもかかわることですから、妊婦さんに厳しい糖質制限を指導されるのです。
 
 宗田医師は「罰当たり医療」をやっている場合か!もっと本気を出せよ!と、警鐘を鳴らすように・・・・。

 誰が何と言おうと、揺るぎのない確信で突き進むのですから、その勇気には見習うべきものがあります。

 宗田医師の妊娠糖尿病の糖質制限が正しいとわかると、今度は、一般的な糖尿病のこれまでの治療法は一体何だったのか?

 ということになり、今まで何十年間もカモにされてきた患者さんの怒りが・・・。大切な伴侶を失った人もいるでしょう。

 私も、病気は違えど、かけがえのない友人や肉親を失い、憤りを感じている一人です。

 微力ながらも、書き続けていきます。

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより掲載しております。

 ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事