スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平凡な毎日に感謝を深める

 前回の続きになりますが、気象庁は「今後、少なくとも一週刊は激しい揺れが起こることが予想されます」と、 地震の起きるたびに、常套句のように言い続けておりますが・・・。

 気象庁も、地震の専門家も、これまでに前例がないだけに、しどろもどろの対応ですから、腹立たしく
感じてしまいます。

 この地震は、一体、いつになったら収束するのか?

 大きなゆれですから、一回でも度肝を抜かれるのに、それが、500回以上もですから・・・。

 阪神大震災でも、東日本大震災でも、先の見通しのない大地震の連鎖は、経験もしていないので、被災者はどれだけ恐怖や不安を感じていることか?

 想像を絶する!とはこのことです。

 ところで、前回、余震→本震→余震と、書きましたが、正式には、前震→本震→余震と言うそうです。
 
 実際は、本震→本震→本震→本震→・・・・のような強い揺れですから、この際、言葉の定義など、言葉に囚われることなど、どうでもよいことです。

 人々のストレスやパニックは極限状態に達していることでしょう。

 このメルマガを書いている最中にも震度5強の緊急速報がありました。

 500回以上もの大きなゆれ!とは、人間の限界を超えているようにも思われます。

 このまま地震の連鎖が続くと、交通網の寸断、電気や水道などのライフラインの寸断、土砂崩れ、食料や物資の不足・・・に、拍車をかけてきます。

 科学の力で、例えば、今回で確実に収束する!ということが、はっきりわかれば・・・。

 人々は安堵できて、気力もわいてくると思います。
 
 災害とは縁のない人は、他人事(ひとごと)と、思うかも知れませんが、九州の人達も地震なんて、他人事(ひとごと)と思っていた人が多いと思います。

 まさか、自分のところに地震なんて・・・。被災者になって、学校の体育館などで不自由な避難生活を送ることなど想像もつかないと思います。

 明日は我が身!という言葉があります。
 
 日本列島に住んでいる限り、明日は我が身!という言葉を身に染みて、被災地の人々のことを我が身の事のように思い、平凡な毎日に感謝を深めるべきです。

 当たり前にご飯が食べれて、布団に寝ることができてごくごく当たり前の平凡な日常に感謝を深めるのです。

一日も早くの収束を心より願います。

 ありがとうございました。  
・・・・・・・・・・・・

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより掲載しております。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。