エネルギーの高いフィールドにつながっていれば、成功も願望の達成も思いのまま・・・


  パリ同時多発テロで妻を失ったフランスのジャーナリストが、フェイスブックにつづった文章が共感を呼んでいるそうです。

 意識レベルの大切さ、自我のエゴの働きを十分に熟知しているようにも思われます。

ーーーーーーーー
 『憎しみという贈り物を君たちにはあげない。』

 「掛け替えのない人を、最愛の人を、息子の母親を君たちは奪った。でも君たちを憎まない」。パリ同時多発テロで妻を失ったフランス人男性がイスラム過激派の容疑者らを「君たち」と呼び、フェイスブックにつづった文章が共感を呼んでいる。

 各国メディアが「心を動かされる」と取り上げ、インターネット上ではシェアが22万件を超えた。

 フランスメディアによると、男性はジャーナリストのアントワーヌ・レリスさん(34)。妻(35)がバタクラン劇場で犠牲になった。

 「憎しみという贈り物を君たちにはあげない。怒りで応じてしまったら、君たちと同じ、まさに無知に屈することになるんだ」と書きつづった。

 また、1歳5カ月の息子メルビルちゃんと普段通りに暮らす大切さに触れ「息子と2人になった。もう、君たちに構っている暇はない」と強調。

 「メルビルが昼寝から目を覚ますから一緒にいなければならないんだ。まだ17カ月。この子がずっと幸せで自由に生きていけば、君たちは恥を知ることになる。だから、君たちを憎むことはしない」と結んだ。

 レリスさんは16日にメッセージを投稿。読んだ人たちから「平和へのメッセージをありがとう」などとする反応が相次いでいる。

 ジャーナリストのアントワーヌ・レリスさん(34)がフェイスブックに16日載せた文章の抜粋は次の通り。

~~~~~~~
 君たちを憎まない。金曜(13日)の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。掛け替えのない人、私の最愛の人、息子の母親を君たちは奪った。

 君たちが誰か知らないし、知りたいとも思わない。君たちは死んだ魂だ。憎しみという贈り物を君たちにはあげない。怒りで応じてしまったら、君たちと同じ無知に屈することになる。

 今朝、彼女と会った。金曜日の夜に出た時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。もちろん悲しみに打ちのめされている。

 君たちの小さな勝利を認めよう。だが、それはごく短い時間だけだ。妻はいつもわれわれと共にいて、再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂の天国で。

 息子と2人になった。もう、君たちに構っている暇はない。メルビルが昼寝から目を覚ますから一緒にいなければならない。まだ17カ月。この子がずっと幸せで自由に生きていけば、君たちは恥を知ることになる。だから、君たちを憎むことはしない。
~~~~~~~

 「パワーかフォースか」には、私達は、意識の場に支配されている!という説明があります。

//////////////
 宇宙の混沌には、膨大な意識の場があります。そして、テレビやラジオの電波の何千倍も何万倍ものエネルギーの流れがあり、人間はその膨大な意識の場とつながっております。

 この膨大な意識の場をアトラクターフィールドと呼んでおります。

 電波のようなエネルギーの流れを媒体として、人間を含むすべての生物が、脳細胞の一つ一つが、髪の毛の一本一本が、そして、すべてのものや情報がこのフィールドにつながっているのです。

 すべてのものには波動があるので、その物質の波動のエネルギーのレベルに応じて、アトラクターフィールドのエネルギーに対応しているのです。

 エネルギーの高いフィールドにつながっていれば、成功も願望の達成も思いのままなのですが、ほとんどの人はエネルギーの低いフィールドにつながっています。

 エネルギーの低いマイナスの支配下にあると、何をやっても失敗したり、病気になったり、自由が束縛され、鎖に縛られた身動きできない奴隷のような状態になってしまうのです。

  「パワーかフォースか」より
//////////////

 この意識レベルの説明からも、フランスのジャーナリストのアントワーヌ・レリスさん(34)が、恨みの意識に支配されてしまえば、エネルギーの低いマイナスの支配下になります。

 ですから、何をやっても失敗したり、病気になったり、自由が束縛され、鎖に縛られた身動きできない奴隷のような状態になってしまうのです。

 ほとんどの人にとっては、絶望のどん底にありながらも、怒り狂い、恨みが頂点に達し、復讐心に掻き立てられますが、
人を恨めば穴二つ!という言葉もあるように、彼は、犠牲を最小限に食い止めているのです。
  
 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより掲載しております。

ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事