欧米では空海が世界一の天才として有名ですから・・・


 「ビジネスZEN入門」 という本を新聞の広告欄で見ました。

 著者は、松山大耕氏というお坊さんで、この本の表紙に、世界中で禅がビジネスに求められる理由は?と、書かれていたので、ネットで調べてみました。

 以下がこの本の説明です。

~~~~~
スティーブ・ジョブズがアイデアやインスピレーションにおいて、禅に影響を受けたことは、ビジネスパーソンなら周知の事実です。

欧米では今や「マインドフルネス」が、グーグルやアップル、ナイキ、インテルといった世界の優良企業で、経営や社員研修のやり方、リーダーシップの育て方などを実践するために取り入れられています。

そのメソッドは、日本にも最近「輸入」されてきました。

この「マインドフルネス」は、仏教の瞑想法に由来しているところから、同一視する人々もたくさんいます。

この本では、世界のビジネスリーダーたちが、たしなんでいる「ZEN」を、どのように皆さんも実践できるのか、について、とても分かりやすくお伝えする入門書です。
~~~~~

 現代の欧米人、とくにキリスト教的世界観に限界を感じている知識階級の一部では、「禅」の考え方が高く評価されており、「ZEN」という形で、一般に広 く認識されるようになっています。

 そして、このメソッドが、科学的にも臨床的にも効果があり、世界のビジネスリーダーたちが、注目し、活用しているとあれば、世界的に普及することになります。

 日本人が禅の素晴らしさを継承し、宗教ばかりでなく、武道にも芸術にも、生活習慣にも浸透しているものですが、欧米で再確認され、逆輸入という形で日本に入ってくるのですから・・・。

 仏教が2500年、さらに禅としても1500年の歴史があり、日本に普及してからも500年以上の伝統があり、いまだに優れているのですから本物です。

 このメルマガでも、世界的に有名な企業が集まるシリコンバレーが、今、禅に夢中になっている!という禅に関連した内容を何度も書きました。

 そして、ストレスの解消ばかりでなく、色々な分野で「マインドフルネス」が、活用されていることも書きました。

 iPhone(アイフォーン )は、アップル製のスマートフォンで、日本ではナンバーワンの普及率、グーグルは、誰もが、毎日使っている検索サイトです。

 スポーツ製品のナイキや、インテルも世界の優良企業で、これらの世界を席巻している企業が、世界のビジネスリーダーたちが注目し、活用しているマインドフルネスですから・・・。

 ビジネスに取り組んでいる企業ならば、業績を上げたい!という経営者も社員なら、無関心でいられるはずがありません。

 この手法を取り入れて世界をリードしている大企業、多くのビジネスマンや経営者、アスリートや音楽家、教育現場でも、それぞれに、高いパフォーマンスを発揮し、望む結果を得ているのですから、誰もが、必要になるメソッドなのです。

 マインドフルネスとは・・・。

 過剰なストレスにさらされる現代社会の中で、自分の力を最大限に発揮するためのメソッドです。

 メルマガで説明した文章を掲載します。

======
 ここでのマイント?フルネスとは、自分の今ここでの感情と 感覚に気づくことです。  人は、大きなストレスにさらされると、そのことにとらわれ、 しばられ、身動きが取れなくなってしまいます。  

 がんじがらめになり、かたくなった心は、閉ざされ暗闇 のようになってしまいます。  

 マインドフルネスを実施すると、ストレスな場面においても 否定的な感情や物事にとらわれることなく、正常な自分を取り戻すことができるようになります。  

 マインドフルネスは、自分の身体や気持ち(気分)の状態に気づく力を育む「こころのエクササイズ」になっています。

  欧米では、すでにその効果について、多くの実証的研究報告があり、ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネス の現場で実践されています。

 特に、ここでのマインドフルネスは、「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて、自分の感情を冷静に観察し、現実を あるがままに受け入れる実践だと思います。
======

 現代人の多くは、過去の後悔、将来の不安に囚われて、結局、何も行動できず、時間をムダにする日々を送っています。

 最近、頂くメールでも「思い切ってメールを書きました。」という人が多く、現代人特有の傾向が見られます。

 マインドフルネスの効果は、20種類以上もあり、特に、記憶力のアップ、免疫力のアップ、人を思いやる心の向上などが顕著になりますから、能望の実践の効果とも共通しています。

 ・マインドフルネスの効果は、20種類以上!

 ・能望の実践の効果は、1000の力を得る!と言われておりますので、1000種類!

  ですから、マインドフルネス効果の究極の状態が能望の実践になります。

 この事実を知れば、欧米では、空海が世界一の天才として有名ですから、世界のトップ企業のすべてが能望を実践するでしょう。
 
 スポーツ競技では「ゾーン」という言葉で知られている、高次元の精神状態があります。

 バスケットボールやサッカーの試合で、相手の選手がスローモーションのように見えて、シュートやゴールが奇跡のように決まる!

 野球では、投手の投げた球の縫い目が見えるほど、ゆっくりと、スローモーションに見える!

 武道でも、ゴルフでも、卓球やバトミントンでも、様々なエピソードがありますが・・・。

 これと似たような状態は、スポーツ以外のビジネスでも見られます。

 絶対に無理と思える契約が奇跡的に決まるとか、気づいたら仕事が終わっていたとか、高い集中状態で、質の高いパフォーマンスで、自分の力を最大限に発揮できるのです。

 ・過去や未来にとらわれることなく、今に集中し、今するべきことに全力を注げる状態。

 ・自分の持てる能力が最大限に発揮され、自分らしく生きている状態。

 ・ストレスなく、目の前のことを楽しみにながら質の高い時間を過ごしている状態。

 このようなベストの状態が、マインドフルネス効果の究極の状態であり、能望の実践に類似しているのです。

 1日45分のマインドフルネスを、8週間行ったあとの脳の器質的変化を検証した実験によると、マインドフルネスを行うことで、海馬の灰白質が5%も大きくなっていたというのです。

 海馬は脳の中でも記憶や感情をつかさどる部分で、長期的なストレスにさらされると損傷してしまい、うつ病の原因になる場合もあるそうです。

 たとえば、 監禁されていて長期間強いストレス下に晒された人間の海馬は、平均よりもかなり小さくなっているそうです。

 そして、マインドフルネスを日常的に行うと、偏桃体が小さくなることが確認されています。この脳の中にある偏桃体は不安や恐怖を感じる部分で、これが活発化していると、少しのことでも大きな不安を感じてしまい、ストレスの原因になるようです。

 偏桃体が小さくなれば、少しの刺激でも過剰に不安になったりすることはなくなります。

 昨日、2年間監禁された少女の裁判のニュースがありました。この少女は、少しのことでも脅えて、一人では眠られないそうです。

 彼女の海馬は小さくなり、偏桃体は大きくなっていると思われます。

 ですから、この被害にあった少女は、マインドフルネスの実践で、海馬や偏桃体が正常の大きさに戻り、元通りの感情になってもらい、一日も早く元気になってもらいたいものです。

 能望の実践が、マインドフルネス効果の究極の状態であることを次回のメルマガに書きます。~~~~~~

ありがとうございました。

======

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
 バックナンバーはこちらからご覧下さい。
  http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事