禅が基盤にあるマインドフルネスの発展は・・・


  マインドフルネスの一連の解説のくだりで、次回は、「回向返照の退歩」の詳しい説明を致します。で、終わりました。

 「回向返照の退歩を学すべし」という教えは、道元禅師の教えであり、これは、アップルのスティーブ・ジョブズ氏とも関連しております。

 禅が基盤にあるマインドフルネスの発展は、スティーブ・ジョブズ氏抜きには考えられませんので、道元禅師ともつながりがあるのも当然のことになります。
 
 アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏は、道元禅師が開祖である曹洞宗の禅に、大きな影響を受けていました。

 ジョブズ氏は、若い頃から禅に傾倒した仏教徒でもあり、21歳の時に初めて参禅されて以来、30年近くも坐禅修行を続けられていたようです。

 永平寺に出家しようとして止められるほどの熱烈な禅宗信者でしたから、道元禅師の教えである、「回向返照の退歩」は、当然に実践していたと思います。

 シリコンバレーの企業も、禅に注目しているのですから、しかも、道元禅師の教えを研究していると思います。

 ジョブズ氏の演説で有名な言葉があります。

 「自分の内なる声が、雑音に打ち消されないことです。そして、最も重要なことは、自分自身の心と直感に素直に従い、勇気を持って行動することです。

 心や直感というのは、君たちが本当に望んでいる姿を知っているのです。だから、それ以外のことは、全て二の次でも構わないのです。」

 これらの言葉からも、ジョブズ氏は、禅の教えの根幹である「本来の面目」=「本来の自己」=「内なるパワー」を引き出していたことがわかります。

 『最も重要なことは、自分自身の心と直感に素直に従い、勇気を持って行動することです。』

 世界の文化を変えたほどの業績を残した彼の原動力は、「本来の面目」だったと思います。

 その原点が、道元禅師の教えにあるのです。

 過去のメルマガから、回向返照の退歩に関連した文章を掲載します。

~~~~~
 曹洞宗の道元禅師は『普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)』という本のなかで、「須(すべか)らしく言を尋ね語を逐(お)う解行(げぎょう)を休すべし。須らく回向返照の退歩を学すべし。」と、説いております。

 回向返照(えこうへんしょう)の退歩とは、「ぱっと念が出る。その瞬間、この念、何処れより来たる、と根本に向かって追究せよと。その結果、身心自然に脱落して、”本来の面目現前せん”と、あるのです。

 ”本来の面目現前せん”とは、「本来の自己」が出現して悟ることができる!というのです。

 道元禅師は、心に浮かんでくる思考や耳元でささやく声に囚われないで、いちいちその思念について行かないで観察し、その念の発する根本を追及することで悟ることができると教えているのです。

 つまり、あらゆる思考・感情・分別の心などの自我の想念が出てきたらその念に気づいて観察し、「この想念はどこから来ているのか?」と、自問して、その念が出てくる根源に意識を向けるのです。そして、その根源に意識をとどめておくというのです。

 「その念に気づいて観察し」とは、その念に囚われないで、只(ただ)観察するのです。その念(思考)に焦点を合わせず、傍観して、流れにまかせるのです。

 私達は、目の前に起きる現象や頭に浮かんでくる想念を只(ただ)冷静に観察することはできません。

 現実に起きる現象に過去の関連する記憶と結び付けてしまうのです。思考が反射的に出てきて、無意識に反応するのです。これが、心の働きであり心の癖でもあります。

 この心の癖があるから観念に振り回されるのです。

 ですから、この自我の思考は仕方がないので、その思考に気づき第三者の眼で、冷静に只(ただ)観察するのです。

 道元禅師の只管の教えは、自我の思考に「気づく」ことから始まります。

 「気づき」とは、直観と同じで根源の「本来の自己」からくるのもです。シンクロニシティも、根源からくるものですから、「気づき」やシンクロが多くなることは、自我のエゴがそれだけ少なくなるのです。
~~~~~

 世界中で実践されているマインドフルネスは、回向返照の退歩の前半の部分になります。
 
 つまり、あらゆる思考・感情・分別の心などの自我の想念が出てきたらその念に気づいて観察する。

 その思考に気づき、第三者の眼で、冷静に只(ただ)観察するのです。

 これだけでも、エゴの力は弱まりますから、すごいことです。

 道元禅師の教えは、さらに、その念が出てくる根源に意識を向けるのです。そして、その根源に意識をとどめておくのです。

 が、加えられるのです。

 この続きは次回にします。
~~~~~~

ありがとうございました。

======

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
 バックナンバーはこちらからご覧下さい。
  http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事