がん患者が亡くなる原因の8割が栄養不足によるもの


 東北で、3.11の余震と思われる大きな地震がありました。地震の規模の割には被害もなく安堵しました。

 3.11の時は、ニュージーランドで、大きな地震があり、その直後でしたので、今回も懸念がありましたが、何事もなく良かったです。

 さて、「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果!という記事がありました。

~~~~~~ 
 三大治療」と呼ばれる手術、抗がん剤、放射線によるがん治療は日進月歩だが、「末期がん患者の8割が改善された」という衝撃の研究結果が発表された別の治療法がある。

 意外なことにそれは、最新技術とは一切無縁の食事療法だった

 主食のご飯やパン、麺など炭水化物に多く含まれる糖質の摂取量を減らす食事法「糖質制限」は、糖尿病患者などに効果があることで知られるが、がん患者への効果を示すエビデンスはこれまで存在しなかった。

 そんな中、糖質の摂取量をゼロに近づける“究極の糖質制限”になると、がん治療にも効果が見られたという臨床研究データが発表された。

 大腸がんや乳がんなどステージIVの末期がん患者を対象に、世界初の臨床研究を行なったのは多摩南部地域病院外科医の古川健司氏(医学博士)である。

 古川氏が語る。

 「がん細胞は炭水化物から合成されるブドウ糖を栄養源としています。しかも正常細胞の3~8倍のブドウ糖が必要。ならば、それを断つことでがんの進行を抑制できないかと考え、2015年1月に研究を開始しました。

 19人の末期がん患者に抗がん剤などの既存の治療と、糖質制限による食事療法を3か月続けたところ、予想以上の効果が出た。がんの症状が消失した完全寛解が5人、がんが30%以上消失した部分奏効が2人、進行を制御した例が8人、一方で病状が悪化した例は3人という結果でした

 完全寛解率28%、部分奏効や進行制御も含めた病勢コントロール率(治療効果のあった患者割合)は実に83%に達しました」

 患者の大半は三大治療では治る見込みが薄かった末期患者であることを考えると、驚異的な数字といっていいだろう。

 上の記事とは対照的な記事もあります。

~~~~~~
 がんで3人に1人が亡くなる時代。緩和ケアの第一人者で、著書『「がん」では死なない「がん患者」』(光文社新書)が注目を集めている東口高志氏(藤田保健衛生大学医学部教授)はこう指摘する。

 「がん患者はがんで死ぬわけではない。がん患者が亡くなる原因の8割が栄養不足によるものです。その現実を治療に役立てることができれば、がん患者はもっと長生きできるはずです」

 しかし、がん治療に携わる多くの医師はいまだに、「がん細胞は栄養を与えると大きくなる」と考えている。それは、がん細胞が体内の栄養を取りこんでしまうからだ。しかし、それは間違いだと東口氏は指摘している。

 東口氏の問題提起を、がん治療の現場はどう受け止めているのだろうか。ある大学病院の消化器外科の現役医師によると、卒業後の研修では、各診療科が扱う病気の専門知識や治療の手技の習得が何より優先され、「栄養学を勉強する暇なんてなかったし、学ぼうとも思わなかった。正直、栄養管理は医療とは思っていない医師ばかりです」という。

 がんに詳しい長尾クリニック院長の長尾和宏氏が説明する。

 「がん治療に携わる医師は、当然なんとかして手術や抗がん剤、放射線療法などの標準治療でがんを治したいと考えている。そのため、栄養管理は後回しにしてしまっている医師も多い。

 また、例えば胃がんの末期患者にブドウ糖を大量に与えると、がんが大きくなる懸念がある。そうした経験からも、現場の医師のなかには、末期がん患者に十分な栄養を与えることに抵抗を感じる場合もある」

 東口氏の持論に異を唱えるがん専門医は多いことだろう。だが、東口氏は繰り返しこう強調する。

  「現場の医師が患者さんのがんを取ることが何より大事だと考えるのは当然です。でも、栄養不足で免疫力が低下したまま治療を行なえば、その治療の効果は無効になってしまうといっても過言ではありません。それどころか、栄養管理を軽視すれば、がんそのもので亡くなる前に患者さんを死に追いやってしまう危険性がある。私はこの事実を多くの現場の医師に知ってほしいのです」

 東口氏の主張は「がんを治療する」ことと「健康な体になる」ことは全くの別物だということだ。

 たとえ名医とされる人でも、栄養を軽視していればその治療は「命を縮める」治療になりかねないのだ。
~~~~~~

 年間3500万円もかかるオブジーボというがんの薬が半額になりましたが・・・、こんなに高額なのに治療効果は20%ということです。

 日本の抗がん剤は、欧米に比べて5~6倍も高い割には、治療効果が低すぎるのは、非常に問題があります。

 さて、糖質制限の記事と、栄養が必要という記事には矛盾があるように思われますが・・・。

 私達が愛用しているサプリメントの会社には、糖質制限のサプリもあり、がんが高い確率で完するサプリもあり、特に栄養の研究が進んでおりますので、何の矛盾もないことが分かります。

 続きは次回にします。
~~~~~~

ありがとうございました。
======

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
 バックナンバーはこちらからご覧下さい。
  http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

      

☆最近の記事