必要以上の酵素の減少は体内のすべての反応を鈍らせ老化を早めることにもなります。


 12月になりました。

 忘年会など何かと忙しい師走ですが、乗り切ってください。

 さて、酵素に関しては、この数年間でも新しい酵素の発見があり、その数は2万となっています。今後も増えて10万くらいになると予想されています。

 酵素の全貌は、まだまだ解明されておりませんが、酵素の働きの中でも、私たちの日常で分かりやすいのは、2日酔いだと思います。

 年末年始の暴飲暴食で、2日酔いになる人もいるでしょう。

 このメルマガでも何度か書きましたが、付き合いなどで大量にお酒を飲むときに、酵素の補助をしているミネラルを、多めに飲んでおけば、2日酔いで苦しむことがなくなります。

 ・アルコールを分解する酵素
------
 お酒を飲むと、アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に変わります。 このアセトアルデヒドには毒性があり、悪酔いや二日酔いなどの原因となります。

アセトアルデヒドは、肝細胞中に存在するアルデヒド脱水素酵素(ALDH)という酵素によって、体に害を成さない酢酸に分解されます。
-------

 ミネラルは酵素の働きを助ける補助酵素になるので、普段よりも多めに飲んでおけば、このアルコール分解酵素のパワーがアップして、悪酔いや2日酔いがなくなるのです。

 そんなに早く、効果が出るものなのか?と、思われますが・・・。

 酵素の反応速度は、とても早く、そのパワーの違いで、あるいは、酵素の有無で、その速さは、何百万倍も何千万倍も違ってくるのです。

 酵素の反応速度、酵素の働きは、まるで魔法なのです。

 酵素のパワーがあれば数秒、数分で済む反応が、酵素のパワーがないと、何百年も、何千年もかかることになります。

 この酵素のパワーは信じられない驚異的なもので、無限のパワーに通じていないと、成しえない、有り得ない奇跡としか思えないのです。

 ですから、普段から当たり前のこととして、特別に意識も感謝もていない『酵素』に深く感謝をするべきです。

 大量のお酒を飲むと、そのお酒のアルコールの分解のために通常のパワーの酵素を使います。

 アルコールが大量のために、アセトアルデヒドも大量に発生し、普段の酵素のパワーだけでは分解しきれずに、この毒性に侵されて、悪酔いや二日酔いになるのです。

 ところが、酵素を補助するミネラルやビタミンそしてファイトケミカル等を、普段よりも多めに飲んでおけば、酵素のパワーがアップして、アセトアルデヒドは無害に分解されるので、2日酔いで苦しむことがなくなるのです。

 これは、酵素のパワーのほんの一例にすぎません。

 生体内で起るすべての反応に酵素が触媒として働いているのです。酵素の働きがなくなれば、生きることができなくなるのです。

 現代人は、ストレスにさらされ、食生活の乱れ、喫煙、アルコールの過剰摂取、睡眠不足などの、悪い生活習慣、これらから生体を守るために大量の酵素を浪費しています。

 生活習慣病や日本人の7割がかかっているリーキーガット症候群などは、大量の酵素を浪費し、代謝酵素を十分に得られない、あるいは酵素のパワーがなくなり健康状態を失い病気になっているのです。
 
 多くの専門家が70種類以上の微量ミネラルが必要というのも、酵素のパワーを高めるための方策で、なるほど、腑に落ちます。

 若い時は、いくら飲んでも酔わなかったし、徹夜も平気だったのに、40過ぎるとめっきり酒には弱くなり、体力もなくなった!という話をよく聞きます。

 体内酵素の量は、20代をピークに年齢とともに少なくなり、60代では20代の半分に減少してしまうそうです。

 ですから、必要以上の酵素の減少は、体内のすべての反応を鈍らせ、老化を早めることにもなります。

 年齢とともに酵素を作る量も減少するのです。ですから、若い時とは体力的にも違ってくるのです。
 
 ところで、抗がん剤は以前ほどの副作用がない!と、医療機関が発表しておりますが、小林真央さんも、元プロレスラーのタレントさんも、「かつら」を被っているのは?それは、副作用ではないのか?と、言いたくなります。

 抗がん剤は大量の活性酸素を発生させてガンを退治する!という、20%しか効果がなく、80%の患者さんが、この副作用のために免疫力がなくなり感染症にかかり死亡する!というまことに馬鹿げた治療法なのですが・・・。
 
 以前に書いたメルマガから抗がん剤の治療を受けても、副作用がなくなる!という個所を抜粋します。
~~~~~~~
 ミネラルを服用すると、副作用が解消されるので、吐き気やおう吐も、味覚障害もなくなり、髪の毛も抜けません。

 このことは過去のメルマガでも何度も書きました。

 私は、体内に5000種類以上もある「酵素」の働きが、ミネラルの供給で正常になるので、副作用が解消されると思っております。

 例えば、宴会やお酒を飲む機会がある時は、ミネラルを2~3粒、多めに飲んでおくと、お酒を大量に飲んでもほとんど酔わず、2日酔いも皆無になります。

 けれども、ミネラルを飲んでいないと、悪酔いをして酒に飲まれてしまい、次の日は二日酔いの頭痛や吐き気で大変なことになります。

 吐き気がするほどの二日酔いの経験のある人もいると思いますが、あの吐き気やおう吐を伴う気分の悪さが、酵素の働きがなくなった抗がん剤の副作用に類似しているのです。

 これは、ミネラルが体内の酵素の原料になり、多くの酵素が体内で働いている証拠になります。

 抗がん剤による副作用のメカニズムは・・・、抗がん剤は大量の活性酸素を発生させてがん細胞を攻撃します。

 がん細胞の周りの正常の細胞も攻撃しますから、その防御のために体内の酵素が大量に使われることになります。

 酵素は体内のすべての働きに関与していますから、髪の毛を担当している酵素も、気分を正常に保つ酵素も、味覚を担当する
酵素も、そのほかにも色々な働きをしている酵素も、抗がん剤の防御のために不足することになります。

 ですから、酵素の原料となる微量ミネラルを摂取していると酵素不足もなくなり、多くの体内酵素が活性化するので、健康な状態を保つことができるのです。

 キヤッツクローも同じ作用がありますから、キヤッツクローにも同じようなミネラルが含まれているのです。

 人間の身体の中に酵素は数万種類あると言われていて、その中でもまだ5000種類しか発見されていません。

 ですからまだまだ解明されていない酵素の働きもありますが、微量ミネラルを飲用すれば、抗がん剤による副作用は起きません。

 これは確かな事実です。証明も何も必要なく、微量ミネラルを飲用するだけで、抗がん剤の苦しみから解放されるのです。
~~~~~~

 この文章には、酵素の働きを推定して書かれていますが・・・。

 酵素のパワーを高めるミネラルやビタミンそしてファイトケミカル等の補助酵素を、抗がん剤の治療をする前に飲んでおけば、酵素のパワーが活性酸素を除去し、副作用がなくなることは、現在になっても、ますます確信が深まります。

 そして、酵素が免疫機能も回復させて、がんの治癒にも貢献するのです。

 現在、酵素のジュースやサプリメントが流行っていますが、市販されているものは、殺菌が義務づけられているので、高温で処理しているものが大半になります。

 牛乳も高温殺菌がほとんどですので、酵素の効果はありません。酵素は48度以上で死滅するので、その効力がなくなります。

 口から入れる酵素は、タンパク質ですからアミノ酸に分解されこれも効力がなくなる!という説もありますが、納豆やキムチなどの発酵食品は、胃酸にも負けないで腸まで届くようです。
 
 酵素のジュースやサプリメントは、いろいろな説があり、なんとも言えませんが、酵素を補助するミネラルやビタミン、ファイトケミカル等は、冷温製造が望ましく、これらは酵素のパワーを確実に高めるので、病気や老化の防止には必要なものです。
~~~~~~

ありがとうございました。
======

『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
 バックナンバーはこちらからご覧下さい。
  http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
▽見るだけで?
ホ・オポノポノ、アファメーションの波動が照射される映像
波動、気功チャンネルさん動画より

▽書籍



あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事