仏教は修行して自分自身を変えていく教えです。


 先日、 小林麻央さんが他界されました。

 夫の海老蔵氏は、妻は旅立ちました。と、言っておりますが、彼は、この苦しみを必死に乗り越えようとしています。

 愛する人との別れの苦しみを乗り越えて、生きる喜びを見いだそうと懸命になっているようにも思われます。

 人生には、愛する人との別れは必ずありますが、それがなぜこの時期なのか?

 乗り越えられない苦しみはない!と言いますが、最愛の人との別れは言葉にできないほど残酷なものがあります。

 仏教には生老病死の「四苦」があり、その四苦に加えた愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦の「八苦」があります。

 根本原理は、「一切皆苦」になるのですが、その中でも「愛別離苦」は、妻や子供などの最愛の人との別れですから、かけがえのない人との別れですから厳しいものがあります。

 私たちは、生きている限りこの四苦八苦から逃れられない運命にあるのです。

 狭い自己中心の煩悩に支配されている限り、乗り越えられない苦しみの連続になります。

 例えば、人類は病気で大切な人を失いたくないから医学を進歩させてきました。

 いくら医学が進歩している現在であっても、私たちは、この愛別離苦から離れられないのです。

 仏教ではずばり、私たちの住む世界が「火宅無常の世界」だからだ!と説かれています。

『火宅』とは、私たちの住んでいる世界のことです。

 火のついた家のように不安に満ちているのがこの世界だと、お釈迦様は断言されています。

 『無常』とは一切は続かない、ということですから、火のついた家が瞬く間に焼失してなくなるように、私たちの愛する人も、瞬く間に自分から去って行くものである。ということになります。

 狭い自己中心の煩悩の生への執着というものが、自分の現世でのつかの間の喜びに執着して、悲しみや怒りや失望に気を病むものです。

 夫の海老蔵氏は、麻央さんに会う前は、自己中心の煩悩に支配され、自分の思がままに生きてきたように思います。

 そこに、本当の愛の尊さを教えるための天の使いとして真央さんが現れたようにも思います。

 人は苦の根源となる煩悩を生み出す三毒(貪・むさぼり、瞋・いかり、癡・おろかさ)の心を持っています。

 利己的な妄想によって煩悩を生み出す三毒の心が活発に動き出し、ことごとくを苦ととらえてしまうのです。

 苦しみを消し去るには、煩悩の炎を消すことです。

 仏教では、人の死を涅槃に入るという、涅槃とは一切の苦しみがなくなることです。

 生きているかぎり生老病死の苦から逃れられない、逃れられないならば自分勝手な妄想をせず、その苦を自然に受け入れる能力を身につけることが、人生を楽しく生きる妙術のようです。

 すなわち、すべての存在に執着しない生き方です。仏教は修行して自分自身を変えていく教えです。

 お釈迦さまは死ぬ前に以下のように言っております。

 弟子たちよ、私の終わりはすでに近い。別離も遠いことではない。しかし、いたずらに悲しんではならない。

 世は無常であり、生まれて死なない者はない。今私の身が朽ちた車のように壊れるのも、この無常の道理を身をもって示すのである。

いたずらに悲しむことをやめて、この無常の道理に気づき、人の世の真実のすがたに目を覚まさなければいけない。変わるものをかわらせまいとするのは無理な願いである。

 弟子たちよ、今は私の最後の時である。しかし、この死は肉体の死であることを忘れてはならない。

 仏の本質は肉体ではない。さとりである。肉体はここに滅びても、覚りは永遠に法と道とに生きている。

 だから私の肉体を見るものが私を見るのではなく、わたしの説き遺した法がお前たちの師である。 
 
 煩悩の賊はつねにお前たちのすきをうかがって倒そうとしている。もしもおまえたちの部屋に毒蛇が住んでいるなら、その毒蛇を追い出さない限り、落ち着いてその部屋で眠ることができないであろう。

 煩悩の賊は追わなければならない。煩悩の蛇はださなければならない。お前たちは慎んでその心を守るがよい。

              「遺教経より

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。


スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事