平和利用とされる原子力発電所も事故が起きれば人類の手には負えない危険なものです。

 ◎覚醒、悟り ・根源のエネルギーに至る!その9

 龍に目覚める!のつづきです。

さて、『龍-RON-』の主人公の龍の母・高瀬紅子(趙紅華)は、紫禁城 の後宮護衛隊の一族の人間で、父の一磨が軍務で中国に滞在している時に一磨と関係を持ち、龍が誕生しました。

 その出生の経緯から、龍は、中国歴代皇帝の秘宝と言われる「黄龍玉璧」の後継者とされており、この秘宝を巡ってやがて列強諸国が激しい争奪戦を繰り広げるようになります。

 中国歴代皇帝の秘宝である「黄龍玉璧」は、高濃縮ウランですから、核兵器製造のためにも、ロシアやアメリカ、そして、ヨーロッパの列強が持つと大変なことになります。

 これは、原子爆弾や水爆の原材料となるウランです。特に権力者が西洋流のドラゴンに支配されている国が持てば、それこそ人類の危機にもつながります。

平和利用とされる原子力発電所も、事故が起きれば人類の手には負えない危険なものです。

 主人公の龍は、この秘宝である「黄龍玉璧」を人類の平和のために探し出し、列強の手に渡らないように命懸けで戦いぬくのです。

 さて、日本は、広島と長崎に原爆が落とされましたが、70年以上経過した現代ででも、手の負えない核のために、多くの人々が故郷を追われ、主人公の龍が恐れた事態になっています。

 のど元過ぎれば熱さを忘れる!で、日本は、福島の原発事故のことなど、すっかり忘れたかのような状況になっています。

昨日、新潟県の柏崎刈羽原発の安全審査で「合格証」が出されました。

 福島の事故の後始末もできず、核のゴミを処分する場所も見つかってもいないのに、福島と同じ型の原発の再稼働を認めるのですから腑に落ちません。

 あれほどの事故を起こした東電であっても原子力規制委員会が、原発の再稼働を認めるのですから、あきれたものです。

 先日、東京電力の社長は「経済性より安全性を優先する」との決意を表明しています。

 人類の手には負えない危険なものと、国も電力会社も御用学者も十分に知りながら、原発の再稼働を推し進めるのですから・・・「安全性など二の次で、経済性を何よりも優先する!」としか思えません。

 原子力村は、西洋流の邪悪なドラゴンに支配されている利権集団でしかありません。

 原子力村の巧妙な罠に政治家も官僚も、そして国民も巻き込まれています。

 原子力村は、自分達の利権を守るための、私利私欲のために、人類の手には負えない危険なものを、平和利用とうそぶきながら原子力発電所を継続しようとしているのです。

 今回の選挙でも、選挙公約を原発の廃止の一点に絞るだけでも、多くの国民の支持が得られると思います。

 小泉さんの郵政解散のように、一点集中で突破することが、どこの政党でも勝つ秘訣だと思います。

 ただ単に原発廃止では、無責任なエネルギー政策と脳なしのように思われるかも知れませんが・・・。

 何十万人もの人々が、故郷を追われ、外国人も国外に撤去し、世界中から日本製品をボイコットされ、景気の低迷を招くことになるのですから、原子力村の巧妙な罠には反対すべきです。
 
 とにかく、西洋流の邪悪なドラゴンに支配されている利権集団に対抗し、国民の生命と生活を守りぬくのは東洋の龍のパワーしかありません。

 利権集団も、個人も西洋流の邪悪なドラゴンに支配されていて国家も、個人も、どんづまりの閉塞状態に陥っているのですから、

 原子力発電の問題も、医療村の問題も、多くの現代人の抱えている問題も、西洋流の邪悪なドラゴンに支配されているのです。

 今の時代こそ、東洋の龍のパワーが必要なのです。

 ・原子力村の邪悪なドラゴンのために、生まれ故郷を追われ地獄の苦しみを経験している国民がいる。

 ・医療村の邪悪なドラゴンのために病気が治らず、死ぬほど苦しんでいる人々が大勢いる。

 ・学問もビジネスも自我のエゴ=邪悪なドラゴンに支配され人生が思うようにいかずに悩んでいる人がたくさんいる。
 
 すべての苦しみや悩みは、自我のエゴ=西洋流の邪悪なドラゴンに支配されているのですから、東洋の龍のパワーが必要なのです。

-------
 〇心(意識)が自分の心の奥の中心の中心の中心のパワーに近づき、龍のパワーに至ると・・・。

 ・病気になるはずの自分が、元気な自分にシフトするのです。

 ・痛みに苦しむはずの自分が、痛みのない自分にシフトするのです。

 ・事故で大怪我か死亡するはずの自分が、何事もなかった自分にシフトするのです。

 ・ビジネスで失敗だらけの自分が、成功できる自分にシフトするのです。

 ・最悪の状態の自分が、望ましい自分にシフトするのです。
 ------ 

 「私」という限定された自己(self)が、無限の宇宙の自己(Self)に溶けたとき、完璧な平和の意識とともに、すべての苦しみから解放されたあとの静寂さだけが残った。

 「個」という幻想が、すべての苦しみの原点だった。人間がこのことに気づくと、その人は宇宙であり、完全であり、すべてと共にある。それは永遠で苦しみは消滅する。

               「 パワーかフォースか」より。

 私達は、自覚して、あたかも目覚めているように思っておりますが、三次元の世界では、夢や幻を見ていることになります。

 私達が現実と思っている三次元の世界は、苦しいことだらけの、ことごとく失敗だらけの思うように行かない世界なのですが・・・・。

 「本当の自分」がいる世界は、つまり、龍の世界は、有り得ない奇跡が当たり前に起る世界なのです。

 三次元の世界でも、自分の中心軸に近づけば奇跡が当たり前に起る世界になり、自分の中心軸から離れれば離れるほど、厳しい現実になるのです。

 思い通りにならない三次元のエゴにまみれた邪悪のドラゴンの世界から、すべての願いが叶う五次元の龍の世界にシフトすることを真剣に追及するのです。

 『龍-RON-』の物語は最終的には、満州から「龍の国」という意味をもつブータン王国に向かうのですが・・・。

 高濃縮ウランである中国歴代皇帝の秘宝である「黄龍玉璧」を封印できたのか? 読んでのお楽しみになります。

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
☆カタカムナ
★人類が進化するカタカムナの真実 丸山修寛医師 51コラボTV さんの動画より

★書籍




★バレル・コア
運をつかみ、波動を整え、
カラダの緊張を和らげる


☆あやこ関野&バシャール
★スムーズにシフトするには? バシャール ismさん動画より

★パラレルワールドを移行

☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事