ヨガや仏教の源流も日本からの教えが発端にあると思われます。


 あけましておめでとうございます。
 
  2018年は、多くの人が是非とも岩戸開きの年に、特に10月までには、1810(イワト)開きが本格的になることを祈ります。

  2018年10月吉日 20とはフトマニの「フト」のこと、「マニ」とは宇宙そのもののことで、フトマニ図の中央の「ア・ウ・ワ」は、宇宙の中心のことです。

 そして、1810(岩戸)開きは宇宙の中心、つまり自分の中心から次元を超越するのです。

 フトマニ図は、中心に左回りの渦と、右回りの渦があり、その2つの渦の中心から万物が生じるという、そして、心と体と魂を整える宇宙エネルギーも生じるという胎蔵界のマンダラの原型のような図です。

 以前に電磁波の除去のためにフトマニ図のシールを作ったこともありました。
 
 カタカムナでは、フトマニは、クサナギノツルギになっています。
  草薙の剣=フトマニ
 
 日月神示では、フトマニとは、大宇宙の法則で有り秩序である。となっております。

 カタカムナには、大きく三つの歌で宇宙のコトワリの表象物を表しているのですが・・・。

 「ヤサカノマガタマ」 「ヤタノカガミ」 「クサナギノツルギ」の三つが渦巻きの中心の図形になっています。

 これらは、三種の神器になります。

 奇しくも、今年の4月30日に天皇陛下が退位され、新しい天皇が三種の神器を継承することになりますが・・・。

 カタカムナからも三種の神器に込められているメッセージを読み解くことが大切だと思います。

 三種の神器とは「鏡」「玉」「剣」の三種を言い、皇位を保証する宝物として代々の天皇が継承してきたものです。

 一般には、「八咫鏡」(やたのかがみ)「草薙の剣」(くさなぎのつるぎ)そして、「八坂瓊曲玉」(やさかのまがたま)になります。

 この鏡と玉は天照大神の岩戸籠もりの時に造られ、剣はスサノオノミコトが山岐大蛇(やまたのおろち)を退治したときその尾の中から出現し、霊剣故にスサノオが天照大神に献上したとされています。

 ですから、天照大神を引き出す(岩戸)開きには大いに関連のあるもので、私達の(岩戸)開きにも大いに関連してきます。
 
 10月の10とは、回りて巡る六七八九十(ムナヤコト)の10です。
 
 本年も宜しくお願いします。

◎覚醒、悟り・根源のエネルギーに至る!その15

カタカムナのつづきです。

 さて、「ユダヤ民族は、日本の人口の約10分の1程度しかいないのに、ノーベル賞の受賞者が日本の10倍ということは、成功率は、100倍ということになりませんか?」 という質問がありました。

 そうですね、私は、10倍と書きましたが、人口が10分の1で、受賞者が10倍ですから、100倍になりますね。 失礼しました。 訂正します。
 
 そうですね、ユダヤ民族は日本人よりも100倍もノーベル賞を受賞する確率が高いのは現実ですからすごいことです。
 
 10倍でも驚きなのに100倍ですから、この事実は多くの人に知ってもらいたいものです。
 
 考えるに、ノーベル賞がスーパーエリートだとしたら、いくらユダヤの条件付けをしても、そのレベルまで達しない人も大勢いるわけで・・・

 ノーベル賞は夢のスーパーエリートですから、それまで至らない一般的なエリートのレベルなら、とんでもなくたくさんいる思われます。
 
 現代人なら夢のようなスーパーエリートよりも、現実的なエリートに関心があると思います。

 例えば、一般的な弁護士やお医者さんのレベル、大学教授や一流の経営者のレベルだったら、ユダヤ人ならその成功の確率は少なくても日本人の1000倍以上にもなると思います。

 学習に関しては、ユダヤの条件づけができたら普通の子でも秀才や天才のレベルになるので・・・、1000人に一人くらいしか合格できない難関の医学部や東大程度なら、当たり前に合格できてしまうので、その成功の確率は少なくても普通の日本人の1000倍以上にもなるのです。

 ですから、ユダヤの条件づけは、ノーベル賞を受賞する確率が100倍で、それ以外なら、日本人の1000倍の学習効率!1000倍の成功率とします。 
 
 それにしても、中華人民共和国の人口は13億もいるのにノーベル賞の受賞者数は3人です。

 インドの人口は10億で、ノーベル賞受賞者数は、5人ですから、ノーベル賞の受賞は、いかに困難なのかがわかります。

 日本人は、第二次世界大戦後に、GHQの中枢であったユダヤ人から、頭脳や精神の弱体化を図る「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」という洗脳を7年間も受けて、いまでもその洗脳が続いているのです。

洗脳とは、条件付け、刷り込み、マインド・コントロールのことです。

 ユダヤ人が、日本人に対して脅威を感じ、日本人の知能や精神性の高さを奪い去ることに、7年間も相当のエネルギーを使い洗脳したのです。

 日本人を骨抜きにして、日本が二度と立ち上がれないようにGHQの中枢であったユダヤ人が、7年間かけて行った洗脳政策ですから、現在でも、ほとんどの子供も大人もゲーム漬になり、エゴの罠の奴隷状態になっているのです。

 それにもかかわらず、日本人は25人もノーベル賞を受賞しているのですから、「三つ子の魂 百まで」を理解していた親が実践し、愛情深く育てた子供が高い確率でエリートになり・・・、その中でもほんの一部の深く目覚めた人だけがノーベル賞級のスーパーエリートになれたと思われます。
 
 日本人もユダヤ人もノーベル賞級の天才の多くは、自己との会話の深まりで、つまり、自問自答の繰り返しで、タイミングよく返答してくれる協力者を引き出したものと思われます。

 イチロウ選手はWBCの決勝戦で奇跡のヒットを打った時のインタビューで「神が降りてきた!」と言いましたが・・・、これは、自分の内なる声であり、内なる無限のパワーが協力者となってくれたのです。
 
 日本の最初のノーベル賞の授賞者である湯川博士は、彼の協力者は夢で教えてくれるので、枕元には常にノートを置いて寝たという程度のことしか本には書いておりません。

 カタカムナでは「アマテラスオホミカミ(天照大御神)」は、「自分の命の奥に存在する力の実体」となるということです。

 これは、タルムードを書いたモーゼにしてみれば、東方から来た神の教えになりますから、モーゼもユダヤ民族の内なる神の引き出しが目的で、タルムードを書いたと思われるのです。
 
 湯川博士の内在神に関しても、精神的支柱を排除された日本人には、そんなものがいるはずもない!と、反感をかい、無用の誤解が生じるので、詳しく触れてはいませんが、湯川博士は、長年の自問自答の繰り返しで、内面を深めて内なる叡智の協力を得ることが、その協力者が教えてくれるのですから一番に大切なことだと、伝えたかったと思います。

 これこそが、ユダヤ人の教えの本当の目的でありますから、その反対の日本人が最も大切にしてきた内なる「精神の支柱」を亡くすことの洗脳に全力で取り組んだことがわかります。
 
 戦後のGHQ占領統治のため連合国軍最高司令官として来日したダグラス・マッカーサーは、伊勢神宮を調査に訪れ側近の者に「確かにここには神が居る…」と呟いた、と伝え語られています。

 神社には大きな鏡がありますが、日本の神社には御神体として鏡が祀られています。

  「ヤタノカガミ」が源流になります。

 これまで、メルマガでも説明してきましたが、鏡は神社の御神体でもあり、カガミからガ(我)を取るとカミ(神)になります。

 つまり、鏡に映った自分の姿から我欲を取り去れば、神なるものを内在した『真の自己』になるのです。

 お宮参りに来る人それぞれに神がいるので、その神を映す鏡なのです。

 人間の心は、本質(神)と、我(エゴ)で成り立っているようなものですから、我(エゴ)を取り去れば、本質(神)だけになります。

 「精神の支柱」は「心の支え」ですから英語で、spiritual supportとでも言うのでしょうか。
 
 この「心の支え」が、子供のころからの条件づけで、ノーベル賞級のスーパーエリートまで高めてくれるのですから、日本人には子供にも大人にも、内なる偉大な協力者を持つことに関心を持つのは賢明なことだと思います。

 白隠禅師の「白幽仙人」、ユングの「賢老人」なども内なる協力者で、これらは、彼らの「高次の自己」=ハイヤーセルフだと言われております。 

 ユングなどは、マンダラを研究することも、その研究からの英知も「賢老人」に教えてもらい、それが本にもなっています。  

 これは、白隠さんも同じで、「白幽仙人」から教えてもらった丹田呼吸や軟酥の法(なんそのほう)などを、夜船閑話(やかんせんな)という本に書いております。  

 歴史上の聖人や、偉大な業績を残した人達のほとんどが、何らかのかたちで、同じような「高次の自己」の協力者がいたと確信できます。
   
 お釈迦さまは、この「高次の自己」の協力者を「仏心」と呼び、誰もがその「仏心」を内在している!との教えを説いております。
 
 ムー大陸の文明→カタカムナ文明→インド・中国・シューメール・エジプトと、世界の四大文明の発端へと文化が伝わったと仮定すれば、ヨガや仏教の源流も日本からの教えが発端にあると思われます。 

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。

スポンサーサイト
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
☆カタカムナ
★人類が進化するカタカムナの真実 丸山修寛医師 51コラボTV さんの動画より

★書籍




★バレル・コア
運をつかみ、波動を整え、
カラダの緊張を和らげる


☆あやこ関野&バシャール
★スムーズにシフトするには? バシャール ismさん動画より

★パラレルワールドを移行

☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事