人間の脳は幻想と現実の区別がついていないから・・・


  ◎ダイエット分野 その6

  ・健康的なダイエット!

~~~~~
 『こうして、思考は現実になる』には、ダイエット関する文章もありますので、紹介します。

 ダイエットに失敗する理由を以下のように説明しています。

自分の意識を集中したものが拡大するのだ。自分は太っていてダイエットが必要だということばかり考えていたら、それがあなたの現実になってしまう。

 つまり、意識を集中したものが現実になるので、問題解決の意識は、注意を要することになります。

 食事の際に意識する3つのルール

 1、自分の体をけなすのをやめる。一切のネガテイブな言葉や思考を禁止する。

 2、何かを口に入れる前に、必ず愛にあふれた思考を送るようにする。食べ物に手をかざし、祝福する。

 3、愛、喜び、平安の気持ちで食べ物を摂取する。

 ここでも、キーになるのが、感謝の気持ちになります。

いつでも、感謝の気持ちを忘れずに、理想の人生を大胆に夢見て、必ず実現すると宣言する。

 そのときに、次の三つの事柄を心にとどめておいてほしい。

 1、それでもあなたはすばらしい。自分では気づいていないかもしれない、強大な力を持つエネルギーそのものだ。あなたという存在の核には、いつでも可能性の豊かな流れがある。

 2、偉大な可能性のフィールドに限界はない。文字通りすべてのことが可能だ。必要なのは、ただ心を開き、古い思考パターンを捨て、もっと楽しく、自由で、大きな思考をつねに目指そうという意志だけだ。

 3、私たちは運命共同体だ。お互いをいたわり、今よりも相手の存在に感謝して協力するようになれば、すべての人の利益になる私たちの誰もが持ち上げられる。

 感謝については、『感謝で思考は現実になる』の本にも、この本で言っている「感謝」は、そんな薄っぺらなものではない。これを、「猛烈な感謝」と呼んでもいいし、「見境のない感謝」と呼んでもいい。

 とにかく、口先だけの、甘ったるい、感傷的な「感謝」とは違う。どういうことなのか説明しよう。

 私たちの人生には、うまくいっていることが数え切れないくらいある。

 しかしそれは、意識して見つけようとしないと、そして見つけたらすぐに感謝をしないと、頭の中にある意地悪な声にすべてかき消されてしまうのだ。

 この「頭の中の意地悪な声」とは、すべての願い事の邪魔をするエゴの声のことです。

 エゴは、常に足りない!と、不平不満だらけで、感謝をしません。ですからいつでもイライラして機嫌が悪いのです。

 「神経科学ジャーナル」誌によると、機嫌が悪い状態の人は脳の視覚野と呼ばれる部位(見ることを司る部位)、情報を正しく処理できなくなるそうです。

 逆に機嫌が良い人は、機嫌が悪い人に比べ探し物が見つかる確率が50パーセントも高くなります。

 この実験結果を信じるなら、いつでも自分の心の状態を機嫌の良い状態にすべきです。

 その際、必要なのが猛烈な感謝の気持ちなのです。

 不機嫌な態度で暮らしていると、良いことは起こらなくなります。自ら情報を遮断することで、チャンスを遠ざけてしまうのです。
 
 この作者は、感謝する対象を見つけるのは、一種の「戦い」だと言います。感謝の気持ちを失うと、頭の中の意地悪な声に人生を占領されてしまうのです。

 嫌なニュースを聞いたり、トラブルが続くとネガティブな思考にとらわれ「自分の人生は最低だ」と言うイメージを頭の中に築きます。

 このネガティブな声ばかり聞いていると本来、見つけられるはずの素晴らしいチャンスに気づけなくなるのです

 猛烈な感謝を自分の習慣にするために「すべてに感謝する」ことが大事だとアドバイスしています。

 この時、不幸だと思えることにも感謝することがポイントになります。
 
・山になった請求書に感謝する。
・予期していなかった病気の診断に感謝する。
・酔っ払って新品の力ーペットの上に吐いた友人に感謝する など嫌な体験にも感謝することを習慣にするのです。

 よく見えようが悪く見えようが、あらゆる物事に感謝する、これが私の言う「猛烈な感謝」だ。

 猛烈な感謝、見境のない感謝は、FP(Field Of Infinite Potentiality=可能性のフィールド)への入り口だ。

 感謝は、FPの中心に直接つながっている。FPのことを宇宙と呼ぶ人もいれば、神と呼ぶ人もいる。

感謝の周波数に乗れば、自分で努力しなければならないことはもうほとんどない。

 人間の脳は、無限に広がる可能性にアクセスし、「さてこの人は、恋人とけんかするんじゃないか?とばかり考えているから、それを届けてあげよう」とか、「ずっとお金の問題がないか考えているから、ひとつ支払期限の過ぎた請求書でも届けてやるか」などと考える。

 つまり、人間の脳は、幻想と現実の区別がついていないから、「こうだったらいやだなあ」「こうだといいな」などの思考の中から、できるだけたくさん考えていることを選んで、現実にしようとするのだ。

 嫌なことが起こっても、イライラするのは、エゴの罠にハマることになります。

 何が起きても、感謝の気持ちを抱くだけで、自分のマインドをポジティブに変えることができ、エゴに振り回されなくなります。

 人間の脳の特性を理解し、思考を望ましい現実に変えていくのです。その際、欠かせないのが「猛烈な感謝」なのです。

 ダイエット関しても、「頭の中の意地悪な声」に従わなければ、成功できるのです。

 そのためにも、猛烈な感謝、見境のない感謝の実践で、感謝の周波数に乗り、無限の可能性につなげるのです。

 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
スポンサーサイト

すべての「間違ったこと」には、もう一つの側面がある。



 前回紹介したパム・グラウトさんの『感謝で思考は現実になる』には、『こうして、思考は現実になる』 『こうして、思考は現実になる2 』の2作品があり、3作目で最終的に、エゴとの対処に至り、感謝の思考に至ったように思います。

20年以上もかけてたどり着いた「感謝」の周波数に乗る!という概念は、エゴに対処するための最良の方法であり、このメルマガでも推奨しているものです。

 どんなに些細なことにも心からの深い感謝を心がけて、「感謝」の周波数に乗れば、病気の治癒も、願い事も叶うというのですから、確信が持てます。

 『感謝で思考は現実になる』に至る前作の2作品から参考になる文章を挙げてみます。

~~~~~~
 実際のところ、人類は、五歳になるまでに身についた行動パターンによって動いている。脳科学の研究によると、私たちの思考の95パーセントは、すでにプログラムされた潜在意識に支配されているという。

 実際に考えているのではなく、単に「過去にこう考えたことがある」という経験をひっぱり出しているだけだということだ。

 人間の思考もエネルギーであり、宇宙に存在するすべてのものに影響を与えるので、人間は自分の人生をコントロールできるということだ。

 一つだけ、大切なことを言っておかなければならない。スイッチを押さなければ電気はつかない。エネルギーのフィールドも同じだ。あなた自身も、もう中途半端な態度は終わりにしなければならない。

 私たちの人生で主役を演じているのは、実は目に見えないエネルギーや、思考、感情、意識だ。

 しかし、目に見えないために、私たちはそれらを理解しようともせず、自分のためになるように活用しようともしてこなかった。

 それなのに、なんとか世界を変えよう、人生を変えよう、目に見えるものを変えようと躍起になってきた。しかし実際には、世界を変えるには、自分の期待や思い込みを変えるだけでいい。

 本当に、そんなに簡単なことなのだ!何かを実現したいのなら、「今目に見えるもの」ではなく、「これから見たいもの」に意識を集中しなければならない。

 そして、ここが肝心なところなのだが、脳はとても怠け者なので、「これを見よう」と選んだ情報は、実はすでに知っていることばかりなのだ。ずっと昔に見ると決めたものと同じものを、何度も何度も見ようとする。

~~~~~~
たいていの人は、自分の欲しくないものばかりに意識を集中している。

  ポジティブな意図は、思考の中のほんの一部しか占めていない。

人間は古い思考パターンにとらわれ、脳の力の大部分を使ってお金の問題や人間関係の問題をくよくよ悩み、天から雷を落とす神様におびえている。

 欲しくないものを心配するのに、精神の99.9パーセントを使ってしまう。

 欲しいものはすべてそこにある。だから、意識を「今」に集中すれば、その存在に気づくことができる。それなのに、自分自身が「今この瞬間」にいない状態であることが、いかに多いことか!

 今に感謝して、その気分のよさをもっと広げれば、願い事は次々に叶う!

 何か他のことに気を取られていて、精神が「ここ」にいなかったら、精神にやってもらいたいこと(心配事や不安、明日の夕食に何を食べるかなど)があってもやってもらえないし、欲しいものが目の前にあっても気づかない。

 もしあなたがこの状態にあるのならば、いちばん大切なのは、意識を目覚めさせ、「今ここ」に集中するスキルを磨くことだ。

 そうでないと、五歳になる前に刷り込まれた古い思い込みに支配されることになってしまう。

~~~~~~
 自分の思考を使って欲しいものを手に入れるのは簡単だ。まさに朝飯前だ。議論の余地もない。

 それなのに私たちは、友達に対しても、そして何よりも自分自身に対しても、難しい、大変だと言いつづけている。今から二日間ぐらい、自分の言葉を注意して聞いてみよう。

 いったい何回「難しい」「大変だ」という言葉を使うだろうか。また、「昔からずっとこうだった」とか、「うちはそういう家系だからしかたがない」という言葉にも注意する。

 「できないこと」を語るのにほとんどの時間を費やしているので、いちばん大切なことを忘れてしまっている。それは、「できないこと」を「できること」にする力が私たちにはあるということだ。

 私たち人類は、どんなことを熱心に研究しているだろうか。それは、過去に起こった病気、問題、災害だ。

 そして、私たちは何に備えているだろうか。それは緊急事態や危機だ。

 私たちは、問題にかじりつき、「どこが悪いのか」ということを考えるのが大好きだ。これもまた古い思考パターンであり、新しい思考パターンに変える必要がある。

 「悪いところ」ではなく、「理想の姿」を探すようにすれば、人生は驚くほど好転する。

 ここで、本当のことを教えよう。すべての「間違ったこと」には、もう一つの側面がある。

 「不足」と「豊富」は裏と表の関係だ。「病気」と「健康」もそう。

 どちらの側面も同時に存在している。どちらの側面も本当のことだ。ただ、どちらかの側面を見ることを選んだために、もう一つの側面が見えなくなってしまっているだけだ。

 残念ながら、時間と空間しかない次元に意識がとどまっていると、コインのどちらかの面しか見ることができない。

 裏と表を同時に見ることはできないのだ。しかし、片方しか見えなくても、もう片方も存在しているということを認識することが大切だ。そして、コインはいつでも裏返すことができる。正反対の概念(たとえば「不足」と「豊富」)はどちらも本当だ。ただあなたがどちらの現実を選ぶかというだけの問題だ。

一度「あれはこういうものだ」と決めてしまうと、たいていの人はもう疑問を持たない。何かを「知った」と思うと、それがあなたの現実になる。

 しかし、何かを知っているというのは、とても大きな足かせになる。量子的な表現をすれば、何かを知っているという状態は波を破壊してしまう。

 謎、驚異、新しい発見の余地がまったくなくなってしまう。ここで考えてみよう。片方の腕に本をたくさん抱えていて、もう片方の腕に買い物袋をぶら下げているとしたら、もうそれ以上何も持つことができないだろう。

 どんなに知識が豊富でも、どんなに時間を取ってもらっても、人は何かを思い込んでいると、その思い込みを裏づけるようなデータだけを集める傾向がある。

~~~~~~~
 〇素直になる!
 〇感謝する!
 〇足るを知る!

 願望を叶える最良の方法が、昔からの仏教の教えや松下幸之助さんの実践していた教えが、ベストである!という結論になります。

再確認できましたので、ありがたいことです。

 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事