この療法はステージ4という末期がんでも、転移したがんでも治療の効果が望めます。


 今更ですが、政府は、高齢がん患者の抗ガン剤治療の効果について、大規模な調査に乗り出す!ということですが・・・、その調査結果が出るのは何年後になるのでしょうか?

 その間にも、抗ガン剤治療による多くの犠牲者が出続けているのですから、形式だけの業界を守るための調査には???を感じます。

~~~~~
<高齢がん患者>抗がん剤治療の効果調査へ 延命効果検証 
  毎日新聞 4/27(木) 7:00配信

政府は、高齢がん患者に対する抗がん剤治療の効果について大規模な調査に乗り出す方針を固めた。

高齢者にとって身体的な負担の重い抗がん剤投与による延命効果を疑問視する声もあるため、大規模調査に基づく科学的分析が必要と判断した。高齢化が進む中、がん治療のあり方に一石を投じる可能性がある。
~~~~~

抗がん剤の深刻な副作用や高い致死率は、ほとんどの人に知れ渡っていることなのに、今更、莫大な費用をかけて調査をするとは? 

 この業界の利益を守るための、業界が有利になるための、はじめから結果ありきの調査なのでは・・・?と、思います。
 
 意味のない時間つぶしの調査よりも、メルマガでも紹介した第200回の「副作用のない抗がん剤」=「P-THP」や、第212回のがん細胞だけを破壊する「近赤外光線免疫治療法」=「光免疫療法」など、副作用もなく、医療費も大幅にダウンする治療法を、政府は本腰を入れて推奨すべきだと思います。
 
 特に日本の場合、国民の2人に1人ががんに罹患しているのですから、抗がん剤の被害も、がん治療費にかかる社会保障費も、莫大なものになっています。

 「P-THP」や「光免疫療法」が、普及すれば、患者さんも、医療費の増加に悩む国の財政にとっても、大きなメリットになります。

 「副作用のない抗がん剤」=「P-THP」の紹介では、抗がん剤がほとんど効果がないことを書いています。

 --------
 『 全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話 なぜこれが保険薬にならないのか!!』

・ 抗がん剤で治る確率は5%!

 2人に1人ががんになる時代である。やがて誰でもがんになる時代がやって来るだろう。あなたががんになったとする。

 現在、そのがんが原発巣にとどまっているかぎり、治療法として考えられるのが外科手術だ。

 ただし、これが転移したりするとやっかいである。外科手術ができないから、あとは抗がん剤となるが、これが問題なのだ。

 なぜなら、がん種にもよるが、ほとんど役に立たない。抗が剤で治る可能性はわずか5%なのである。

 さらにやっかいなのはその副作用だろう。痛み、発熱、吐き気、嘔吐、しびれ、呼吸困難……。それだけならまだしも、骨髄がやられると白血球や血小板が壊されて死に至ることもある。

 がんで死んだのか、抗がん剤の副作用で死んだのか、わからないことがよくあるのはこういうことである。

 薬といえば、ペニシリンのように「治す」というイメージがあるが、少なくとも抗がん剤は私たちの考える「薬」ではない。顧客満足度からいえばゼロに近いだろう。

 がん治療にとって大事なことは、QOL(Quality of Life:生活の質)×生存期間である。

 つまり、生活のレベルを落とさず、できるだけ長く生きること。ところが、現在の抗がん剤は副作用でQOLはガタ落ち。延命効果があってもわずか2~3ヵ月にすぎない。

 そんなとんでもない薬が、今や年間に1000万円を超えるのが当たり前になっているのだ。

 せめて副作用のない抗がん剤があったら……。多くのがん患者の願いにこたえるように、そんな抗がん剤が誕生した。

 「P-THP」といって、開発者は前田浩教授(熊本大学名誉教授・崇城大学DDS研究所特任教授)である。2011年には優れた研究者に与えられる「吉田富三賞」を受賞し、2015年のノーベル賞候補と目された人物だ。

 ・ 理論的に「抗がん剤」は効かない!

 抗がん剤はなぜ効かないか。なぜ副作用があるのだろうか。そのことがわかれば、逆にこの「P-THP」が、通常の抗がん剤よりも治癒効果が高く、副作用がない理由も理解できると思う。

 まず副作用だ。血管は閉鎖系といって出口はなく、その中を血液がぐるぐる巡っている。いわばドーナツのようなチューブだ。そのチューブに小さな穴が開いていて、ここから酸素や栄養素が漏れて体の細胞を維持している。

 ところが、低分子の抗がん剤もここから漏れてしまうのである。猛毒の抗がん剤は漏れたところの細胞を壊死させるので、これが副作用となってあらわれる。

 また多くの抗がん剤は、がん細胞が休みなく分裂するのを利用して、分裂するときにDNAの合成を止める仕組みになっている。つまり、分裂できなくして殺すのである。

 ところが、がん細胞と同じように激しく分裂している細胞は他にもたくさんあり、そこがやられると副作用があらわれる。たとえば毛根だ。毎日のように細胞が分裂しているから、抗がん剤にやられて髪の毛が抜けるのである。

 腸管上皮や胃の粘膜もそうだ。骨髄もやられやすい。つまり、がん細胞と一緒に正常細胞もやられることが副作用なのである。

 そんな副作用がありながら、なぜ抗がん剤でがん細胞を殺せないのだろうか。

 抗がん剤を点滴しても、がん細胞に到達したときは、点滴した量の100分の1以下に薄まっていることがその理由の一つだ。

 では、薄まってもいいように、最初から100倍投与すればどうか。

 こんな実験がある。抗がん剤が、がん細胞を殺す量はわかっているので、その量が腫瘍に届くように投与したらマウスはすべて死んだという。

 人間も同じで、がん細胞が死ぬ量を投与して、人間が耐えられる抗がん剤は存在しない。

 つまり、どんな理屈をこねようとも、理論的に抗がん剤は効かないということだ。
--------

 抗がん剤に関するこのような基本的な知識は、政府のお役人も、製薬会社も、医療関係者も、当然のごとく持っていることでしょう。

 さらに、抗がん剤による副作用を阻止する「酵素」を活性化すれば、副作用が起きない!そのために微量ミネラルを大量に飲めば、髪の毛もぬけずに、悪性の副作用も起きない!という知識を知っている専門家もいると思うので、多くの苦しんでいるがん患者に勧めるべきです。

 がんの標準治療の治癒率は5%ですから、95%の人が医療ムラのわけのわからない既得権の犠牲になっているのです。

 この業界でも、人の命よりも経済の原理が優先しておりますから、ガン・マフィヤに牛耳られて「不都合な真実」が、まかり通っているのです。

 抗がん剤によって、一時的にガンの抑制が抑えられると言う治験がありますが、それは20人に1人の 話であ り、それも30日間がん細胞の活動が停滞します。癌細胞が小さくなることもあります。

 その後、40日以降は確実に リバウンドして、猛烈な速度で癌細胞が増殖し、転移するという事実を隠していますから、政府の調査の結果は理不尽なものになると思います。

 医療関係者は、抗がん剤の効果がない事を百も承知していて、300人の医者に「あなたはもしガンにかかったら、抗がん剤を使用しま すか?」の問いかけに、270人(90%)が使用しないと言ってるのです。

 自分のお子さんがガンにかかったら?という質問であれば、医療関係者の100%は、抗がん剤を使わないと思います。
  
 そして、もう一つの「光免疫療法」は、1分で「がん細胞」を破壊し、副作用もなく、従来のがん治療法の問題点をクリアする!というのですから、日本でも一刻も早く実用化すべきです。

 この療法は、ステージ4という末期がんでも、転移したがんでも治療の効果が望めます。

 皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく、食道がん、肺がん、子宮がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、がんの8~9割はこの治療法でカバー出来るというのです。

 ですから、この「光免疫療法」は、アメリカでは異例の速さで治験が進んでいます。

 そして、アメリカ国立衛生研究所が治験を委託したベンチャー企業は、楽天の三木谷氏が取締役会長を務めているそうです。

 三木谷さんは、彼の父上ががんを罹患されたこともあり、治療法について大変勉強され、その中で光免疫療法のことも知り、サポートをされているそうです。

 当初は、アメリカ政府の公的資金を使って2年がかりで、治験を進めようとしていたそうですが、楽天の三木谷氏のサポートが始まってから治験のスタートまで、1年半しかからなかったそうです。

 日本で治療として実現するのは3年~4年後ということです。

 治験自体がアメリカが1年半ぐらい先に進んでいるそうですが、三木谷氏は、世界同時に実用化したい、と言われているそうです。

 身体に害のない近赤外線で、がん細胞だけを破壊し、同じく近赤外線で、免疫細胞をじゃまする制御性T細胞をやっつけることで、残った転移がん細胞を免疫細胞がすべて食べてしまう。

 こんな夢のようながん根治法が、光免疫療法なのです。

 しかも副作用がほどんどなく、費用がオプジーボより2桁も安くなるというのですから、医療ムラやガン・マフィヤの抵抗や圧力が厳しくなると思いますが、もう「不都合な真実」は許されません。

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。

血糖値の上昇を抑制し糖尿病を予防


   ◎ダイエット分野 その3

   ・健康的なダイエット!
-----
以前に、白いんげん豆ダイエットを放送した番組あてに下痢や激しい嘔吐があったと苦情があったと報告さたそうです。

 原因としては、生の豆に含まれるレクチンなどの成分が、加熱不十分のために残り、これが胃や腸の粘膜の炎症を引き起こし嘔吐や下痢の症状に至った可能性が高いと発表されています。

 白いんげんに限らず豆類は生で食べると下痢を起こす可能性がありますので、要注意です。

 ・白インゲン豆に多く含まれるファセオラミン

 この成分は、炭水化物の消化・吸収を抑える効果があるので、数年前にメディアで紹介されてから、ダイエット成分として注目を集めていますが、素人が白インゲン豆からこの有効成分を直接抽出して、ダイエット効果を上げることは無理があると思います。

 メルマガの第237回でも紹介しましたが、専門家が15年の研究と安全試験を経てやっと開発できたのですから、このサプリメントは本物を選ぶべきです。

ファセオラミンは血糖値の上昇を抑制し、糖尿病を予防します。

 白インゲン豆の抽出物のファセオラミンは、抗肥満・高脂血症または高中性脂肪血症の改善・糖尿病の血糖調整の改善などがあります。

 血糖値の上昇が抑えられると、インスリン分泌量も少ないもので済み、結果として肥満の原因となる脂肪蓄積を予防することができます。

 糖尿病においては、運動療法と食事療法が治療の中心となるため、白インゲン豆抽出物のサプリメントは、補助的に利用するのが良いとされています。

 副作用は特に知られていませんが、糖尿病治療薬を利用している方などは相互作用も視野に入れて、白インゲン豆の使用に注意を払う必要性があるとされています。

 ごはんやパン、麺類といった炭水化物が多い食事をする場合には、食前、又は食事中にファセオラミンを摂取するのが効果的です。

 さらに、白インゲン豆抽出物のファセオラミンは、単糖類はブロックしません。また、脂肪、タンパク質、ビタモン、ミネラル、植物栄養素の消化吸収は阻害しません。

ファセオラミンは、食べもののうち、唾液と膵臓のアルファ・アミラーゼという酵素によって分解される長鎖多糖類、つまりデンプンに限って作用します。

 私が推奨しているサプリメントは、主成分のファセオラミンをすみやかに胃の内部に放出できるようになっています。

 安心できる100%自然素材のサプリメントですので、お勧めしています。

2粒で、生の白インゲン豆から抽出されたファセオラミン1000mgを摂取することができます。ですから、理想的なダイエットが可能になるのです。
 
 ファセオラミン発見の端緒となったのは、1970年代初めのベネズエラの牛牧場でした。牛を太らせるためには通常トウモロコシや穀物が使われますが、より手に入れやすいインゲンマメを飼料に入れることになったのです。

その結果、生のインゲンマメを入れてから、太るどころか牛が痩せてしまった、という報告が国に多数寄せられました。

 ベネズエラの科学者は飼料の内容と影響に関する実験を行い、その結果を発表しました。その後、フロリダ州マイアミにあるハワード・ヒューズ・メディカルセンターでさらなる研究が進められ生のインゲン豆から特定のタンパク質を単離することに成功しました。

このタンパク質は、デンプンの消化吸収に欠かせないアルファ・アミラーゼという酵素に選択的に結合し、酵素の本来の機能を阻害する性質があります。

 ただし、タンパク質は加熱されると変形してしまうため、この阻害作用は調理により失われます。

1980年代に、アルファ・アミラーゼの阻害作用が明らかになったファセオラミンは、いわゆる「スターチ・ブロッカー」として商品化されました。

しかし、当時の抽出物は効力が低く、あまり成果が出ませんでした。

 けれども、近年は改良が進み、実験室の環境であれば、インゲンマメタンパク質1000mgにつき、デンプンおよそ450gに相当する2250カロリー分の消化吸収を阻害できる高性能なものになっています。

 マーシャル博士の研究チームは、長年に渡って研究を続け、インゲンマメの特定のタンパク質の一部を取り出し、錠剤にする独自の製法を開発しました。

 動物実験及びヒトの臨床実験で、マーシャル博士開発のたんぱく抽出物にダイエット促進効果が認められています。

重要なことは、食物中のタンパク質、脂肪、ビタミン類、ミネラル類と植物性栄養素のような身体に必要とされる多くの
栄養素の消化と吸収はこれまでと同じで、影響を受けません。

 さらに、未消化のデンプンは上部消化管で吸収されず、カロリーとして体に取り込まれることなく大腸に移動します。

 大腸では、腸内細菌によって部分的に分解されます。

 効果の高いアフファ・アミラーゼ阻害物質が存在すれば、食品に含まれるデンプンは食物繊維の一種と考えてもよいでしょう。

 ここで言う食物繊維は、植物由来の難消化性の多糖類で、大腸内の細菌により短鎖脂肪酸に分解され、腸の健康に寄与するものを指しています。
 
 スターチ(デンプン)は、穀物や野菜、果物、パンなどの食品、さらにはほとんどの加工食品やファーストフードの主成分です。

 現代の日本人にとって、炭水化物抜きの食事は考えられません。

 しかも、デンプン質の食品は主食や副菜として食卓に乗る機会が多いので、炭水化物抜きのダイエットを長続きさせるのは容易ではありません。

 このサプリメントは、すっきりとした快適な体をつくり、適切な体重の維持と全体的な健康をめざす人々を応援します。

 食べ物から摂ったデンプン質やグリコーゲンといった糖質・たんぱく質は、すい臓から分泌されるα-アミラーゼという消化酵素の働きによって、ブドウ糖に分解され、小腸の粘膜で吸収されます。

 しかし、ファセオラミンがα-アミラーゼの働きを阻害し、ブドウ糖の吸収を穏やかにします。そして、吸収しきれなかったブドウ糖は体外へ排出されていきます。

 このような作用から、肥満の改善とともに、糖尿病や脂質異常症改善にも効果があると期待されています。

 摂取された炭水化物は、すい臓などから分泌される消化酵素によってブドウ糖に分解、そして腸壁から吸収されます。

 しかしすべてがエネルギーとして使われず、余剰分は脂肪として体内に蓄積されます。

 毎日食べている炭水化物を自分の体内に脂肪として蓄積するのか、それとも、腸内の善玉菌を増やす腸活に役立てるのか・・・。

 ファセオラミンが主成分の本物のサプリメントを摂取することで、炭水化物は食物繊維となり、腸内の善玉菌の餌になりますから、ダイエットにもなり、健康にもなりますから一石二鳥の効果が期待できるのです。

次回に続きます。
ーーーーーーー
 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。
☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事