抗癌剤治療は免疫細胞がズタズタに壊滅されてしまいます。


  小林麻央さんが通っていた病院が業務停止命令を受けたそうです。

 厚生労働省が再生医療の提供を一時停止するよう命じたと発表したのは、東京、大阪、福岡の11の医療機関ということで・・・。

 処分を受けた医療機関の中には、自由診療で患者1人当たりおよそ300万円の治療費を請求していたケースもあったということです。

 小林麻央さんは、この療法に1億円をかけていたという情報もありますから、保険が適用されないと高額になるのですね。
 
 今回、麻央さんが通っていた東京・渋谷区の「表参道首藤クリニック」の首藤紳介院長はNHKの取材に対し、

 「患者の希望で行った治療行為が認識不足により結果として法令違反になってしまったことは真に残念に思います。今後は、行政処分を深く受け止め法令順守の上、診療に努めてまいりたい」というコメントを出しています。

 この療法は、自由診療で、お金持ちは法外にボラれているようですが、それでも、現在、厚生労働省が認めているがんの標準治療よりも患者さんの苦しみや、死亡率の低さという点からも優れていると思います。

 ほとんどの代替療法はがんを直接叩くのではなく、疲れきってしまった身体の細胞を元気にして、免疫力を回復させることがメインのようです。
 
 小林麻央さんも抗がん剤治療の副作用で、全身の細胞がぼろぼろになって、心身ともに弱りきって、この代替療法を受けたと思われます。

 がんの標準治療とは基本的に「3大治療」と呼ばれる手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療を指します。
 
 現代医療のガン治療の標準3セット、手術、抗癌剤療法、放射線治療は、いずれも患者の肉体的負担や苦痛が大きい割に、効果はほとんど期待できません。

特に抗癌剤治療は、免疫細胞が、ズタズタに壊滅されてしまいます。ですから、ほんの些細な風や感染症でも命にかかわります。

 34歳の若さでも、免疫力がなければ、簡単に死んでしまいます。

 病気を治すのは医者でも薬でもなく、本人の免役力や自然治癒力ですから、医療の盲信は危険なのです。

 この標準治療というのが、製薬会社、医療機関にとっては極めて儲かる治療法なのです。

 ドル箱である抗がん剤治療の副作用と患者の苦痛、その割にはほとんど効果が期待できないし、高い死亡率を承知しながら、国が承認しているのですから、理不尽なのです。

 アメリカがん協会が発表した2015年版がん発症・死亡推計によると、アメリカでのがんの死亡者数はここ20年間で22%減っています。

 これは、効果に疑問のある標準治療、手術、抗癌剤治療、放射線治療に見切りをつけ、代替医療に切り替えた結果ということです。

 その反対に、日本では、がん患者の数は増加するばかりで、今や日本人の2人に1人ががんにかかり、そのうち3人に1人が癌で死んでいると言われています。

 そんな国民病とも言えるがんですが、欧米諸国では減少し続けているのです。

 世界18ヵ国でベストセラーになっている、ケリー・ターナー博士の『がんが自然に治る生き方』という本がありますが・・・。

 これは、このメルマガを再開する契機となった本でもあり、メルマガのタイトルにしたものです。

 その中で劇的な寛解の経験者が治癒を目指して実行した九項目があります。

・抜本的に食事を変える
・治療法は自分で決める
・直感に従う
・ハーブとサプリメントの力を借りる
・抑圧された感情を解き放つ
・より前向きに生きる
・周囲の人の支えを受け入れる
・自分の魂と深くつながる
・「どうしても生きたい理由」を持つ。

 日本のがんの標準治療は、今後も続くと思いますし、患者さんの苦しみも、死亡率の高さも続くと思います。

 けれども、メルマガでも何度も書いておりますが、抗がん剤の副作用に対処できる、髪の毛が抜けない!とか、吐き気がしなくなる!とか免疫細胞を守る!とか、体内の酵素を増やし、酵素の働きを活性化する微量ミネラルのサプリメントがあるのです。

 抗がん剤で、死ぬほど苦しんでいる患者さんの苦しみから解放することができるのです。

 抗がん剤による副作用を阻止する「酵素」を活性化すれば、副作用が起きない!

そのために微量ミネラルを飲めば、 髪の毛もぬけず、吐き気も悪性の副作用も起きない!という知識を知っている専門家もいると思うので、多くの苦しんでいるがん患者さんに勧めるべきです。  

 がんの標準治療の治癒率は5%ですから、95%の人が医療ムラのわけのわからない既得権の犠牲になっているのです。  

 この業界でも、人の命よりも経済の原理が優先しておりますから、 ガン・マフィヤに牛耳られて「不都合な真実」が、まかり通っているのです。

 抗がん剤によって、一時的にガンの抑制が抑えられると言う 治験がありますが、それは20人に1人の 話であり、それも30日間 がん細胞の活動が停滞します。癌細胞が小さくなることもあります。  

 しかし、その後、40日以降は確実に リバウンドして、猛烈な速度で癌細胞が増殖し、転移するという事実を隠していますから、政府の調査の結果は理不尽なものになるのです。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。


思考を停止して沈黙モードでいることが・・・


 8月になりました。

 以前のメルマガに・・・。

  宇宙と一体になる、今の瞬間に生きる、すべては自分の内面に答えがあると思います。

 と、書いています。

 悟りとは、宇宙のすべてと一体になり、今のこの瞬間に身を置くこと!これが、覚醒するための誰にもできる手法だと思います。

  空海には以下のような名言があります。

/////////
 
・大日如来は、世界の中央に位置している。世界の中央とは何処か、我が心の中である。
           
・近うして見難きは我が心、細にして空に遍ずるは我が仏なり。我が仏は思議し難し、我が心は、広にして亦大なり

            孔法大師(空海)の名言より。
//////////

 これらの意味は・・・。

 ・大日如来(万物の創造主)は、我が心の中に宿っている! 

 ・近くにありながら、おのれの心は計り難い、とらえがたいものだ。それは個として考えれば、きわめて小さな存在かもしれないが、実は大宇宙とつながっているのだ。

 自分の心を深く掘り下げて行けば途中に煩悩という大小の瓦礫あり、欲求不満という執拗な妄執の泥土あり、然し、遂に本源に到れば清らかな地下水が大海に帰し、千変万化の波浪もその海底は悠久の静けさを湛える如く、大日如来の大生命は三世永恒にわたって、自身より一切を生み出し、一切のものを自身の中に帰していく。

 これは、◎覚醒、悟り ・根源のエネルギーに至る!

 最後のテーマにもなる内容ですが、それには、雑念の除去、つまり、思考の停止が基本にあります。

 思考の停止とは、文章が書けない!ことになります。これは、虫の良い言い訳にしかなりませんが・・・。

 思考を停止して沈黙モードでいることが、何も考えないでいることが、今の瞬間に生きることであり、エゴの煩悩を突き抜けることなのです。

 ですから、似たような悩みを抱えている人がいないものかとネットで探してみると、ありましたので、その一部を抜粋します。

~~~~~~
ブログを随分とご無沙汰してしまいました。

その理由は、やはり「沈黙」にあります。

沈黙の時間を大切にしたいと思う事と、ブログを書く事の両立が難しいのです。

ブログを書く事は、頭の中の考えをまとめる作業ですからね。考える事は、思考する事。

その思考をしてしまうと、”今ここ”という状態からは離れてしまいます。

今の私的には、なるべく”今ここ”を大切にしたいので、どうしてもブログ更新がし辛くなってしまっています。

そんな訳で、沈黙モード(なるべく考えないモード)をしていると、色々な気づきがありました。

本日は、その部分についてです。

呪われた状態にあったので、その状況を何とかしようと試行錯誤したことは、以前のブログで書きました。

呪われた状態というのは、スピリチュアルの負の作用です。

エネルギー的に、まったく鈍感なままでいれば、多分、原因不明でメンタルや体を壊していくだけだと思います。

エネルギー的に敏感だと、遅かれ早かれ呪われている事に気がつきます。

私の場合は、エネルギー的に敏感だったので、呪われている事に気がついてしまいました。

気がついたので、その状態を何とか回復させたくて、スピリチュアル的な取り組みを色々試した訳です。

そうした必死の取り組みが5年続いてしまいました。

で、結局、最後の最後に”沈黙”、思考停止モードが呪いに対しての一番の対処法だと気がついた次第。

そうして沈黙モードに自分を置けば置くほど・・・少々乱暴な表現ですが・・・スピリチュアルな事が本当にどうでも良くなってしまいました。

とにかく大切なのは、今、目の前にある事。

その今の瞬間に意識的で居られるかどうかだけが、一番大切な事になってしまったのです。

誤解を恐れずに言えば、スピリチュアルな事というのは、全体的にボヤッと曖昧です。

そうしたボンヤリと曖昧な事に意識的になるより、今の目の前にあることを考えを入れずに淡々とこなしていく事の方が大切だと気がついてしまったのです。

もちろん、これは今現在の正直なところの心境です。

でも、この心境に到達できたのは、5年間に及んだ必死なスピリチュアル的な試行錯誤です。

その間には、本当に色々な方々のスピリチュアル的なサポートをいただきました。

そうした経験をとおしての、本日現在なのです。

なので、その全てが活かされたというか、消化されての本日のモードな訳であることを、あらかじめお断りしておきます。

私の場合は、30歳前の時に瞑想でブッ飛んで、あまりにも強烈な神秘体験をしてしまったのが災いしてしまったのです。

その体験の意味を求めて、スピリチュアルの探求が始まりました。

今となっては、その経験自体は私の自我(エゴ)を消滅させるために起きた事だと理解出来ています。

ただ当時の若かった私は、自我(エゴ)が消滅する恐怖に耐えられなくて、先に進むことを拒んでしまったのです。

その後は、ただ不思議さだけを理解しようと・・・世にも奇妙なスピリチュアルな旅を始めてしまったのです。

不思議さや奇妙さ、普通の人が感知していない感覚がスピリチュアルだと、完全に誤解していたのです。

そうして状況がドンドン複雑になっていき、最終的に呪われる体験をとおして沈黙モードにたどり着いたのです。

で、結局、遅まきながら自我(エゴ)=思考モードである事に気がつき・・・。

本日現在、思考モードから沈黙モードにシフトしつつあるのです。

本当のスピリチュアリティというのは、とてもシンプル・・・状況を複雑にしがちな思考モードから離れて、今現在に静かに向き合うだけ。

その沈黙の中に、神次元が接触してくる。

それが私たちの本来の在るべき姿であって、本当のスピリチュアリティなんだと思えています。

と、言う訳で、本日は大きく誤解していた私のスピリチュアリティのお話しでした。
~~~~~~

 この人もそうですが、本格的な悟りに至るということは、先に進めない!ということで、その過程では社会生活にも適応できない! ということになります。

 これは、悟りの佳境に入るとそれ以外のことに興味が持てなく、重点が置かれなくなるのです。

 「パワーかフォースか」の作者であるホーキンズ博士も覚醒したときは世の中の動きには興味がなくなり何年間も、自分の世界に閉じこもっておりました。

 それでは、現代社会では生きてはいけないので、そこまで到達しなくても効果が出るような方法が必ずあると模索しております。

 ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』メルマガより抜粋して掲載しております。
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://archives.mag2.com/0000115502/index.html?l=bvo0f0393f

ありがとうございました。


☆プロフィール

angel

  • Author:angel
  • 当ブログは、「S氏の能力開発」メルマガを掲載しております。
ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノツール

★4つの魔法の言葉

   

   
あやこ関野&バシャール
★パラレルワールドを移行

   

   
☆おすすめ書籍


   

   

   

   

   

   

      

☆最近の記事